立方体デザインの「iBT16」

写真拡大

パソコンや周辺機器を手がけるテックウインド(東京都文京区)は2013年11月5日、ホテル客室のアラームクロックスピーカーで米シェアトップを誇るSDIの「iHome」ブランドから出されているブルートゥースワイヤレススピーカー3モデルの取り扱いを始めると発表した。

長方形デザインモデルも

3モデルはいずれもシリコン調素材を本体に使用し、ペアで使うことでステレオスピーカーとしても楽しめるシリーズ。

小型デザインの「iBT16」には、サイコロのような立方体の形状を取り入れた。最大出力は2ワットで、奥行きのあるパワフルな音を提供する。背面には3.5ミリオーディオ端子を搭載。カラ―はパープルとグリーンの2種類。サイズは幅7.2×高さ7.2×奥行き7.5センチ、重量は約160グラム。価格はオープンだが、想定実売価格は4480円。

「iBT24」は、「iBT16」を2つつなげたほどのサイズの長方形デザイン。最大出力は3ワット×2で、「iBT16」と同様に3.5ミリオーディオ端子経由の使用も可能。カラ―はグレーのみ。想定実売価格7480円。

両商品とも、3.5ミリ端子ケーブルと充電用USBケーブルが付いている。