オーストラリアに本社を置くLCC、ジェットスター航空。航空券の価格が安いのは魅力的だが……。

写真拡大

 10月27日、関西空港を拠点とするピーチ・アビエーションが「大阪(関西空港)⇔東京(成田国際空港)」間の運航を開始。元AKB48の篠田麻里子さんがCAとして搭乗するなど、「本格的LCC(格安航空会社)」を標榜するピーチ・アビエーションの東京進出が話題になった。

 ピーチ・アビエーションに先行して運航していたジェットスター・ジャパンやバニラエア(旧エアアジア・ジャパン)などのほか、海外のLCCも知名度が上がってきており、LCCの普及に伴って格安で飛行機を利用できる環境は整ってきているのは消費者にとって喜ばしいことだ。しかし、その一方で問題になってきているのが飛行機の「遅延」や「欠航」だ。

 10月9日、国内LCCのジェットスター・ジャパンとエア・アジアジャパン(現・バニラエア)に定期検査の一部を実施していなかったとして、国土交通省から厳重注意を受けたことからもわかるように、LCCは運航体制に不安があることが多い。

 例えば、「遅延」によって本来は必要ではなかった食事代が余計にかかったり、乗継便に乗り遅れてしまい、代替便が翌日のために宿泊費用が必要になったという経験がある人もいるだろう。

 しかし、実はそんなLCC時代に持っておけば安心なカードもある。

国内LCCの3〜5便に1便は「遅延」していることが判明!

 その前に、実際にLCCはどの程度、遅延や欠航をしているのかを確認しておこう。

 国土交通省が発表している「定時就航率・輸送実績に関する情報」の中の「特定本邦航空運送事業者に係る情報」に、日本の航空会社各社の「定時就航率」「遅延便の割合」「欠航便の割合」が掲載されている。

■LCCの「遅延便の割合」は大手の4〜6倍!
航空会社名 定期就航率 遅延便の割合 欠航便の割合
JAL(日本航空) 94.99% 5.01% 1.19%
ANA(全日空) 93.78% 6.22% 1.92%
日本トランスオーシャン航空 91.74% 8.26% 2.16%
スカイマーク 85.03% 14.97% 1.68%
AIR DO 91.88% 8.12% 1.26%
スカイネットアジア航空 93.31% 6.69% 1.06%
スターフライヤー 94.30% 5.70% 1.44%
Peach Aviation 81.26% 18.74% 0.96%
ジェットスター・ジャパン 80.23% 19.77% 2.54%
エアアジア・ジャパン
(現バニラエア)
64.16% 35.84% 2.11%
各社の平均 92.75% 7.25% 1.62%
(※ 平成24年度の結果。「遅延」とは、出発予定時刻より15分を超えて出発した場合を指す。「欠航便の割合」は運航予定便数に対する割合)

 これを見ると、JALやANAの「遅延便の割合」は5〜6%なのに対し、LCCのピーチ・アビエーションは18.74%、ジェットスター・ジャパンは19.77%で約5便に1便、バニラエア(旧エアアジア・ジャパン)に至っては35.84%で3便に1便以上の割合で遅延していることがわかる。

 また、「欠航便の割合」は「遅延便の割合」ほど突出した数字ではないが、それでもやはりジェットスター・ジャパン、バニラエアが他の航空会社より高い数字を出している。

 しかも、大手の航空会社であれば「会社都合(機体の損傷など、天候以外の理由によるもの)」の遅延や欠航であれば、他社便への振り替えや現地での宿泊費用の補償などが行われる場合もあるが、LCCの場合、たとえ「会社都合」でもそれらの補償は期待できない。

 これほど高い割合で「遅延」や「欠航」をしており、さらにLCC側に「補償」も期待できないということは、LCCを頻繁に利用する際には利用者側で何か対策を立てたほうがいい。

 そんなときに役に立つのが、一部のクレジットカードに付帯している「航空便遅延費用補償」だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)