1979年3月20日、政治情報誌を発刊する弁護士兼ジャーナリストのミーノ・ペコレッリが自宅前の駐車場の車の中で死んでいるのが発見された。口の中に拳銃が突っ込まれ、2発撃たれていた。「オルメタ(沈黙)の掟」を破った者に対するコーザ・ノストラの死の制裁だった。

 “処刑”されたペコレッ リは、リーチョ・ジェッリという右翼のフィクサーから情報提供を受け、政財界の裏情報を記事にして小金を稼いでいたが、1978年5月に起きたアルド・ モーロ元首相の誘拐・暗殺事件に同じキリスト教民主党の大物政治家ジュリオ・アンドレオッティ元首相が関与しているとの暴露記事を発表してイタリア社会を激震させた。

 ジェッリはその当時、「P2」という秘密組織を運営していた。ペコレッリがこの“スクープ”を手に入れたのは彼自身もP2のメンバーで、アンドレオッティがP2会員であることを知っていたからだ。

 ペコレッリは同じ時期にもうひとつ、超弩級のスクープ記事を書いている。彼がジェッリを裏切ったのは口止め料を強請るためだといわれているが、この記事がイタリア現代史を大きく動かすことになる。

 ペコレッリは、独自に調べたバチカン内のP2会員100人の名簿を雑誌に掲載したのだ。

前回の記事はこちら

●バチカン市国「神の資金」を扱う闇の男たち -前編-

ジェッリが築いたP2という秘密組織

  リーチョ・ジェッリはイタリアの右翼活動家で、ムッソリーニ率いるファシスト党の民兵組織・黒シャツ隊としてスペインのフランコ政権を支援し、第二次世界大戦後はネオファシストと呼ばれたイタリア社会運動党の創設に参加し、幹部として活動した。反共主義者としてジェッリは、アメリカやイギリスの情報部に協力して共産党への謀略を仕掛けると同時に、ナチスドイツ戦犯の南米への逃亡を支援している。

 ジェッリは1963年、フリーメンソンのグランドロッジ「イタリア大東社」に入会すると、かつての有力支部「プロパガンダ」の再建を目指して「プロパガンダ2」略称「P2」を結成した。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)