写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイハツ工業のコンセプトカー「KOPEN future included」がミニ四駆化され、「レーサーミニ四駆」シリーズの『ダイハツ コペン RMZ』『ダイハツ コペン XMZ』として、2014年2月にタミヤより発売されることが決定した。価格は各1,050円。

「KOPEN future included」は、ダイハツ工業が2013年の「東京モーターショー」に出品する2人乗り軽オープンのコンセプトカー。滑らかな流線形シルエットで街乗りが楽しくなる、スタイリッシュ&エモーショナルリアルオープンスポーツの「RMZ」、異素材質感で組み合わせたボディが存在感を発揮するタフ&アグレッシブ新感覚オープンスポーツの「XMZ」の2タイプのボディで展開され、洋服を着替えるようにボディパネルを交換してカスタマイズすることも可能。

ミニ四駆でもこの2タイプのボディが再現され、『RMZ』はVSシャーシ(完成時の全長145mm、全幅92mm)、『XMZ』はスーパーIIシャーシ(完成時の全長150mm、全幅97mm)をそれぞれ採用。これまでの「レーサーミニ四駆」シリーズとは一風変わったミニ四駆に仕上がっている。

なお、2月の発売に先がけて、「東京モーターショー」開催中に会場内のダイハツブースと、「TOKYO MOTORSHOW2013」ダイハツ特設サイトにおいて、2つのボディを1つのパッケージに収めた特別キット(非売品)のプレゼントキャンペーンも実施される。