考えすぎないをテーマに大会に臨む有村(撮影:ALBA)

写真拡大

<ミズノクラシック 事前情報◇7日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>
 日本で唯一行われる全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」が三重県にある近鉄賢島カンツリークラブで8日(金)に開幕を迎える。今大会には今季から米国女子ツアーを主戦場とする有村智恵も参戦。有村にとっては今季日本で出場する最後のトーナメントとなる。
ゴルフについて徹底討論!G-VOICEであなたの意見を聞かせてください!
 大会を迎えるにあたって有村は「テーマを決めてやっていきたい」とプレー方針を話した。そのテーマとは「頭で考えすぎずにシンプルにプレーすること」。有村のように成功した経験も失敗した経験も多く積み重ねてきたプレーヤーになるとプレー中、「ああしよう、こうしよう」と考えすぎてしまい失敗した“悪い経験”が頭に浮かんでしまうことがある。そうなった時に悪いイメージがショットにも悪い影響を及ぼし、それは積もり積もってスコアにつながっていく。今季の有村の成績が伸び悩んだのもこのような悪循環が原因で、それを改善するためにも有村は「“ルーキーのような気持ち”でプレーできたら」と話した。
 今季の有村は初めて本格参戦した米国女子ツアーの舞台でベスト10入りわずかに6回、賞金ランキングも62位と決して納得のできる成績を残せていない。しかし「すごく沢山の経験を積ませてもらった1年」とゴルファーとして貴重な1年を過ごすことができた。「今年は良い1年だったと言えるかどうかは今後の成績次第」まずは今季最後の日本の試合で1年の成果を見せることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、米ツアーについて「今は考えてない」
遼、後半失速36位タイ発進も淡々「最低限はできた」
石川遼の一打速報で初日をプレーバック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング