家族の医療費が1年で10万円を超えたら「医療費控除」を申請しよう!

写真拡大

医療費控除は、医療費がかかって大変だった家庭の税金を優遇してくれる所得税の制度です。1年間に支払った家族全員んの医療費が10万円を超えたら、医療費控除の申告ができます。

確定申告の際に個別申請が必要

サラリーマンは基本的に給料によって税金額が決まっています。しかし、医療費は人によって金額が異なるため、会社で対応する負担を考えて、個別に医療費を申告をし、所得税を払い戻します。医療費控除を含めた所得税の確定申告をすれば、住民税も連動して軽減されます。

医療費控除の計算方法

還付金=(実際に支払った医療費の合計額ー保険金で補填された金額ー10万円)×所得税率

還付金は自分が納めた所得税の範囲でしか戻りません。そのため、住宅ローン控除も受けて所得税がゼロになっている人は医療費控除をしても還付金が増えないケースもあります。ただし、その場合でも医療費控除は、必要な経費として収入から差し引くことで課税所得を少なくする制度なので、住民税は安くなります。

医療費控除の対象

医療費控除の対象は、診療以外も認められています。例えば、薬局で買った風邪薬や胃薬、医師の処方による漢方薬、病院までの交通費なども認められます。ただし、健康増進としてのビタミン剤、差額ベッドなどは医療費控除の対象としては認められません。

最近は、医療費控除の対象は拡大しており、レーシック治療、咀嚼障害のためのインプラント治療なども医療費控除の対象として認められています。

ちょっと申告は面倒ですが、医療費が10万円を超えていたら、確定申告の際に医療費控除の申請をするようにしましょう!

「健康保険に関する記事」の詳細を調べる