建築家 永山祐子のプロジェクトを表参道で体感

写真拡大

 建築家の永山祐子にフィーチャーした展覧会「永山祐子展『建築から始まる未来』〜豊島×横尾忠則、宇和島×束芋×ほしよりこ〜」が、表参道GYRE(ジャイル)でスタートした。地域再生と新たなコミュニティの創出を目指し取り組んだ瀬戸内海周辺の2つのプロジェクトについて、映像と写真、建築模型の展示からピジョンを浮かび上がらせ、現地を訪ねたかのような「スモール・トリップ」が体験できる空間をつくる。

永山祐子展、表参道ジャイルで開催の画像を拡大

 永山祐子は今夏、「豊島横尾館」と「AT ART UWAJIMA 2013」の2つのプロジェクトを進行。「豊島横尾館」では横尾忠則の大作絵画「原始宇宙」をメインに平面作品11点やインスタレーション作品が建築と一体となった美術館を完成させ、「AT ART UWAJIMA 2013」では宇和島の老舗旅館「木屋旅館」で漫画家ほしよりこの小説と現代美術家束芋の映像とともにアートプロジェクトを展開した。

 「永山祐子展『建築から始まる未来』〜豊島×横尾忠則、宇和島×束芋×ほしよりこ〜」では、建築とアートの魅力を融合させた2つのプロジェクトを紹介するほか、来場者が理想の街をつくる参加型の展示も実施。永山祐子は手掛けたプロジェクトについて「アートが入り込むことで、その地域で気づくことがあると思う。建築がそのきっかけとなれば」と話し、展覧会では映像を多く用いることで、現地の様子を体感しやすいようにしているという。

■永山祐子展『建築から始まる未来』〜豊島×横尾忠則、宇和島×束芋×ほしよりこ〜
会期:2013年11月6日(水)〜11月24日(日)11時〜20時
会場:EYE OF GYRE/GYRE 3F
   東京都渋谷区神宮前5-10-1 TEL:03-3498-6990

※トークショウ開催 :11月17日(日) 15時〜16時
束芋×永山祐子 司会 生駒芳子