ユナイテッドアローズ、シューズの新事業「ボワソンショコラ」出店開始

写真拡大

 ユナイテッドアローズが11月6日、ウィメンズのシューズブランド「Boisson Chocolat(ボワソンショコラ)」の本格展開を2014年春夏シーズンからスタートすることを発表した。これまではオンラインストアと駅ナカショップ「THE STATION STORE UNITED ARROWS LTD.(ザ ステーション ストア ユナイテッドアローズ)」のみの販売だったが、2014年3月から単独店舗の出店を開始する。

ユナイテッドアローズ新事業「ボワソンショコラ」の画像を拡大

 「Boisson Chocolat」は、2010年秋冬にシューズとバッグのセレクトショップ「Odette é Odile UNITED ARROWS(オデット エ オディール ユナイテッドアローズ)」のオンラインショップ限定レーベルとして誕生。2011年11月に「THE STATION STORE UNITED ARROWS LTD.」で展開を開始。売れ行きが好調で2013年4月に事業化した。本格展開となる2014年春夏シーズンから出店を開始し、首都圏のファッションビルやショッピングセンター、地下街など「UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッド アローズ グリーンレーベル リラクシング)」と近い店舗展開を想定しているという。

 チョコレートドリンクがブランド名の由来となった「Boisson Chocolat」は、「SHOES MAKE YOUR DAYS SPECIAL あなたの毎日を素敵にする靴を」をテーマに、女性の毎日のコーディネートを演出する「デイリーベーシック」がコンセプト。軽い履き心地と甘さにスパイスを効かせた女性らしいデザインの靴を提案し、プレーンなパンプスからフラットシューズ、サンダル、ブーツなど、女性のスタイリングに欠かせないアイテムを展開する。20代後半〜30代全般のOL層や主婦を中心としたファッションを楽しむ女性をターゲットに、ショップではオリジナルのシューズのほか一部セレクトしたシューズ、リボンやビジューなどのシューズアクセサリー、ファッション小物などを展開する予定。中心価格はパンプスが9,500円、フラットシューズやサンダルが8,500円、ショートブーツが12,000円、ロングブーツが15,000円で、「Odette é Odile UNITED ARROWS」の半値程度に設定している。