申請すると葬儀費用がもらえる! 埋葬料と埋葬費

写真拡大

意外と知られていない健康保険の給付があります。それが、埋葬料、埋葬費です。申請すると、葬儀費用が5万円も補助されます。

埋葬料とは

被保険者が業務外の事由で死亡した場合に、その被保険者により生計を維持されていた人で埋葬を行う人に対し埋葬料が支払われます。埋葬料は、被保険者が自殺した場合にも支払われます。埋葬料の額は、標準報酬月額にかかわりなく一律5万円です。

「被保険者により生計を維持されていた人」とは、被保険者である親が死亡した場合の子などです。ただ、民法上の親族や遺族でない者でも、同居していない者であってもかまいません。また、生計の一部を維持されていた人も含みます。健康保険の被扶養者である必要はありません。

埋葬料の請求方法

埋葬料を請求するときは、「健康保険埋葬料請求書」に、死亡診断書などを添付して保険者に提出します。このとき、健康保険被保険者資格喪失届と被保険者の健康保険証(被扶養者分も含む)も一緒に提出します。

被扶養者分も含めて健康保険証を保険者に返還すると、それ以降、健康保険からの給付が受けられなくなります。被保険者が死亡した時点で、被扶養者としての権利がなくなるからです。

家族埋葬料

被扶養者が死亡したときは、被保険者に対して家族埋葬料が支給されます。家族埋葬料の支給額も一律5万円です。死産児は家族埋葬料の支給の対象にはなりません。請求方法は埋葬と同様です。

埋葬費

被保険者に生計維持関係にあった人がおらず、埋葬料を受ける者がいない場合は、実際に埋葬を行った者に埋葬費が支給されます。被保険者と離れて暮らしている被保険者の子、父母、兄弟姉妹や、友人、会社の同僚、町内会の代表などが埋葬を行った場合も埋葬費となります。

埋葬費の額は、埋葬料と同じく5万円の範囲内で、実際に埋葬に必要となった金額です。費用には霊柩車代、霊前供物代、僧侶謝礼、火葬料などが含まれますが、参列者の接待費用や香典返しなどは含まれません。

「健康保険に関する記事」の詳細を調べる