<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦 事前情報◇6日◇美浦ゴルフ倶楽部(6,953ヤード・パー71)>
 国内男子ツアーの新規トーナメント「HEIWA・PGM選手権 in 霞ヶ浦」の第1回大会が、茨城県にある美浦ゴルフ倶楽部を舞台に7日(木)に開幕を迎える。
日本ツアー2戦目の石川遼、予選ラウンドは宮里優作、小林正則と同組
 今大会には米ツアーに主戦場をおく石川遼が今季2度目となる国内ツアー参戦。石川はここから次週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」、オーストラリアでのワールドカップ、そしてホストプロとして戦う「カシオワールドオープン」と国内ツアーをメインに転戦を続けていくこととなる。
 火曜日のプロアマに入らなかった石川はこの日初めてコース入り。練習場で打ち込んだ後にINの9ホールをチェックした。初開催の大会ながら、美浦GCは高校1年生までよく練習に訪れていた慣れ親しんだコース。「回りながら思い出してきました。すばらしいコースでモチベーションも上がるし明日以降も楽しみ」と開幕を心待ちにした。
 練習日もギャラリーに公開されたこの日は凱旋した石川の組に早くも多くのファンがついて歩いた。石川といえども米ツアーでは練習ラウンドにギャラリーがつくことはほとんどなくいつもとは違う雰囲気の中でのラウンドとなったが「自分としてはアメリカでやっている時と変わらないです。どこでやっても普段と同じルーティーンで世界を作っていきたい」とマイペース調整で開幕に備えた。
 中国からの連戦となるが「調子が良かった3週間前と比べて飛距離が出ていないとかはあるかもしれないけど、自分でクラブがどこを通っているかはわかるようになってきている」と調子も上向き。「あとは先週出来なかった初日の入り方を注意していいスタートを切れるようにしたい」。
 先週の「WGC-HSBCチャンピオンズ」では初日に“81”を叩き、尻上がりに調子を上げたものの最後まで優勝争いに加わることはできなかった。今季の国内初戦となった「日本ゴルフツアー選手権」でも初日に“80”を叩き予選落ちを喫しているだけに、慎重な立ち上がりを心に誓った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
日本ツアー2戦目の石川遼、予選ラウンドは宮里優作、小林正則と同組
大会連覇へ!井戸木鴻樹がチャンピオンズツアーから帰国
G-VOICEで徹底討論!岩田寛が米国下部ツアーに挑戦!あなたはどう思う?
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング