「一体、ベッテルのあの速さは何なんですかね......」

 アブダビGPが終わって慌ただしく資材の撤収作業が進むヤスマリーナ・サーキットのピットガレージ裏で、ロータスのエンジニア、小松礼雄(あやお)は呆れたように言った。小松は高校卒業後に単身渡英し、ラフバラ大学で自動車工学を学んだ後、欧州でキャリアを重ねている37歳の日本人エンジニアだ。

 その小松がレースエンジニアを務めるロマン・グロージャンは、4位でレースを終えたが、セバスチャン・ベッテルは2位以下に30秒もの大差を付けて独走で勝利を収めていた。史上最多記録に並ぶ7連勝。シーズン後半戦に入ってからのベッテルは、驚異的な速さと強さを見せ続けている。

 ドライバーのレース運営と戦略実行の責任を担うレースエンジニアは、レース中は自分たちだけでなく周囲のライバルたちのラップタイムとタイム差を常にモニター上で確認している。だが、今回ばかりは小松は途中でベッテルのタイム表示をモニターから消したという。

「彼ひとりだけ飛び抜けちゃって、画面上のグラフの幅が足りなくなるから消しちゃいましたよ」

 それはつまり、ベッテルはもう"射程圏外"ということを意味していた。通常は周回遅れになったマシンなど、自分たちの戦略に影響のない遅いマシンをグラフから外していくものだが、この日のベッテルはそのくらい異次元の速さを見せたのだ。僚友マーク・ウェバーでさえ「今日のセブ(ベッテルの愛称)は別カテゴリーのような速さだった」と完敗を認めている。

 そんな異次元の速さを持つシーズン後半戦のベッテルと、優勝争いを繰り広げているのがグロージャンと小松だ。

 日本GPでの首位快走(結果は3位)が記憶に新しいが、その前週の韓国GPでもグロージャンはベッテルから数秒差で2位を走っていた(結果は3位)。ドイツGP(8位)では、「セーフティカーが出なければ勝っていた」(小松)という走りを見せた。それ以外にも、小松が「めちゃくちゃ速かったがゆえに勝ちを意識しすぎた」と語ったモナコGP(リタイア)、不可解な「ペナルティがなければ勝てると思った」と言うハンガリーGP(6位)など、今季は多くのグランプリで、グロージャンは表彰台圏内でのレースを見せている。

「ウチの予算を考えれば、すごいですよね。ロマンは今やベッテルのライバルですからね。韓国でもセーフティカーが入る前はベッテル対ロマンだったし、鈴鹿でもベッテルと戦えたのはロマンだけだったでしょ。インドも17位からスタートして3位ですからね。ちゃんと予選を戦えていれば、2位ですよ」

 小松は、鈴鹿では「勝ちにいっていた」と言う。

 最後はベッテルがフレッシュなタイヤとマシン本来の速さを生かして抜き去っていったが、スタート直後から首位を快走するグロージャンと小松は初優勝を意識していた。

「ウチらはウチらのプランどおりに行っただけです、勝ちにいっていましたから。だからウェバーが3ストップに変えようが、惑わされることなく行きました。ベッテルの戦略は分かっていたけど、クルマの差があるからしょうがない。それを考えれば、あそこまで戦えたこと自体がすごいことなんです」

 昨シーズンの相次ぐクラッシュで"危険なドライバー"というレッテルを貼られてしまい、スーパーライセンス剥奪の危機に直面したグロージャンだが、彼は小松と二人三脚でその苦境を乗り切ってきた。時に厳しく、時に優しく接して、ともに成長していこうという若い小松だからこそ、グロージャンはここまでやってこられた。

 そして「今年のグロージャンは大きく成長した」と、小松は言う。

「結果が目に見えてきたのが9月のシンガポールGPくらいから。何か変わったのかってみんな言うけど、僕はもっと前から良くなっていたと思っています。シルバーストン(6月)くらいから、彼自身のドライビングには何の問題もないんです。今の彼は本当にミスをしない」

 今でも無線で「ブロックされた」「グリップがない」とわめくグロージャンの声がテレビ中継で放送されるが、だからといって彼が冷静さを失っているわけではない。

 10月のインドGPでは、グロージャンが僚友キミ・ライコネンにブロックされ、それに不満を述べたグロージャンに対して、チームが過激な叱責をしたことが大きな話題になったが、テレビは長い無線交信のある一部分だけしか公開しない。グロージャン自身は極めて冷静だった。「以前のグロージャンとはもう違う」と小松は言う。

「最近の彼の良いところは、ああやって無線でギャアギャア怒っていても(苦笑)、ちゃんと運転するんです。逆に、ああやって言うことで発散しているんだと思う(笑)。昔は騒いでテンパって、それが運転にも影響していたけど、今はそれがない。(インドGPでの)キミとのバトルの時も、無線では怒っていたけど、一度後ろに引いて、それからちゃんと抜いていましたからね。怒っていても冷静さはあるわけです」

 ロータスのマシンがタイヤに優しいことは事実だ。今のグロージャンは、ライコネンよりもうまくタイヤをマネジメントして、より長く保たせることができるという。しかも、可能な範囲内で最大限にプッシュをしながらだ。

 スタートからわずか2周でベッテルがソフトタイヤを"捨てた"インドGPで、グロージャンは最後方から他車を次々と抜いてタイヤを酷使しながらも、13周も保たせた。そして残りの47周を1セットのタイヤで走り切ることにも成功した。

「キミのタイヤが結構早めにタレていたのに対して、ロマンはうまくマネジメントしていました。ブッダ・サーキットで気をつかうのは、フロントだけとかリアだけではないんです。低速コーナーではリアをいたわらなきゃいけないし、ターン10から11、15みたいな高速コーナーではフロントをいたわらなきゃいけない。それを全部やって、タイヤの性能を残したからこその結果(3位)です」

 また、シーズン後半戦に入って以来、ライコネンに対するチームの信頼感は揺らいできている。それと同時に、飛躍的な成長を遂げているグロージャンに対するチームからの期待は大きい。

 小松は、現時点ではライコネンよりもグロージャンの方がドライバーとして上だと断言した。

「そりゃロマンの方が上でしょう。今まで差があったのはレースの組み立てですよね。今でもキミはうまいと思いますよ。シンガポールや韓国にしても、セーフティカーに助けられたとはいえ、キミは気付けば上位にいるわけですからね。ミスもしないし、すごいですよ。でも、ロマンだってミスしないし、予選も速くなった」

 10月の韓国GPではベッテルと優勝争いを繰り広げながらも、セーフティカーからのリスタートでライコネンに抜かれてベッテルへの挑戦権を失った。レース後、小松は怒りに震えていた。

「週末ずっと完璧にやってきて、あのレースはベッテル対ロマンの戦いだったわけですよね。それなのにセーフティカーで後ろとの差が詰まって、くだらないミスをして抜かれたわけだから、むかつきますよね。ただし、ロマンに対してむかついたというのではなくて、みんなチームだから、チームの一員としてむかつきましたね。でも、そういうミスから学んで次に生かせればいいわけだから」

 そうやってグロージャンと小松はともに成長してきた。「レースエンジニアが僕なのに、彼はこれだけ活躍しているんだから、すごいでしょ」と小松は冗談交じりに謙遜して言うが、このコンビが今のF1界においてトップクラスのドライバーとエンジニアとみなされ始めていることは否定しようのない事実だ。

 グロージャンが表彰台の中央に立ち、コンストラクターズトロフィの受賞者として小松がともに表彰台に上がる......そんなシーンを今シーズン中にも、と期待してしまう。

「ベッテルがいる限り、無理だね(笑)」

 小松はそう言って苦笑いする。

「でも、ウチのクルマでロマンがここまでベッテルと戦えているのはすごいことですよ。ウチのクルマも悪くはないけど、レッドブルと真っ向勝負できるほど速くはないですからね、同じクルマで走ったらどうなるか、分からないと思います。ロマンは本当に良いドライバーに成長したと思います」

 グロージャンの成長はすなわち、小松の成長でもある。ふたりはともに、協力しあってここまで成長してきたのだ。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki