写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「封印された島からの脱出」実行委員会は2014年1月18日より10日間の日程で、リアル脱出ゲーム×宮古島「封印された島からの脱出 supported by 沖縄国際映画祭」を開催する。

○脱出の条件は島の謎をすべて解き明かすこと

リアル脱出ゲームは、2004年に発表されたネットの無料ゲーム「クリムゾンルーム」を発端とした脱出ゲーム。そのフォーマットを現実世界に移し替えたゲームとなる。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催され、「宇宙兄弟」「エヴァンゲリオン」などとのコラボレーションイベントも実施されている。

同企画は、平成25年度沖縄県エンターテイメント創出・観光メニュー開発等支援事業「元気プロジェクト」の採択事業の一つとして開催。体験型エンターテインメントのリアル脱出ゲームを企画製作・主催するSCRAPと、宮古島市、宮古島観光協会の全面協力により実現した、島全体を舞台とする初の「"広域"リアル脱出ゲーム」となる。同企画を通じて、観光資源、島の文化、歴史、暮らしの魅力を体感できるという。

開催場所は、沖縄県宮古島市全域。開催日時は、2014年1月18日、19日、25日、26日、2月1日、2日、8日、9日、10日、11日。各公演日とも10時〜17時となる。料金は2,000円。チケットの一般発売は21日から。

(エボル)