チームラボが開発 動く立体クリスマスツリーがキャナルシティ博多に出現

写真拡大

 チームラボが、スマートフォンなどで操作できるインタラクティブな光のクリスマスツリー「願いのクリスタルツリー」を発表した。映像のように動かすことができる立体の彫刻「チームラボ映像彫刻」を用いた作品で、福岡県のキャナルシティ博多(B1F・サンプラザステージ)に設置。公開期間は11月16日から12月25日まで。

チームラボが動くクリスマスツリー開発の画像を拡大

 「願いのクリスタルツリー」は、約5万個のFull Color LEDチップを円柱の中に配置した動く立体クリスマスツリー。同社が開発した立体映像システム「インタラクティブ4Dビジョン」により、来場者は自身のスマートフォンや会場に設置したタッチスクリーンでクリスマスツリーに装飾することができる。オーナメントは、スマートフォンで操作することによってクリスマスツリー上を動かすことができ、デコレーションで満たされるとサンタクロースが出現。飾りを集めて空に運ぶという。

 公開初日の11月16日には、同社が開発したキャンドルリレーを楽しめるアプリ「つながるキャンドル」を使用した点灯式を実施。スペシャルゲストとして、シンガー・ソングライターのCharaが登場し、スマートフォンの中に灯る火をキャンドルリレーのようにつないでいくイベントを行う。

■願いのクリスタルツリー
 開催期間:2013年11月16日(土)〜12月25日(月)
 実施時間:10:00〜24:00 入場無料
 場所:キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ
 住所:福岡県福岡市博多区住吉1丁目2
 http://www.canalcity.co.jp

■願いのクリスタルツリー点灯式
 開催日:2013年11月16日(土)
 実施時間:19:00〜