ルミネの顧客が店主 フリマ風エコイベント「リクローゼット」初開催

写真拡大

 ルミネが、顧客自身が1日限定のショップ店主となって手持ちのアイテムを販売するイベント「Re Closet(リクローゼット)」を12月8日に東京・日の出のイベントスペース「TABLOID(タブロイド)」で開催する。第1回の今回は約70ブースの出店を予定し、入場は無料。ルミネの環境活動の一環として、今後継続して実施される。

ルミネのフリマ風エコイベント初開催の画像を拡大

 「Re Closet」は、「お客さまのクローゼットに眠るお洋服に、もう一度デビューするチャンスをつくろう」をコンセプトに実施されるファッションに特化したエコイベント。出店者はルミネの各ショップなどから個別に声掛けされた顧客で、会場にはトルソーや姿見、試着室なども用意し「普段のルミネでの買い物のように楽しみながら」エコ活動に参加できるという。リユースに関連したワークショップも実施する。

 ルミネでは3ヵ年計画の環境活動「choroko(チョロコ)」に2011年から取り組んでおり、「Re Closet」はその集大成。イベントの開催を通じて、店主として参加する顧客と買い物を楽しむ来場者に「服を大事に着る、モノを長く使う」身近なエコについて見つめ直すきっかけを提供するという。

■Re Closet 開催概要
 日時:2013年12月8日(日) 11:00〜17:00 ※雨天時決行
 場所:イベントスペース「TABLOID」
    東京都港区海岸 2-6-24
 入場料:無料
 出店数:70 ブース程度を予定 ※出店者の募集は締め切り済み
 http://www.lumine.ne.jp/recloset/