5日、韓国の朴槿恵大統領がこのほど「一重まぶたを二重に整形した」との見方が広がり、市民の間に波紋を呼んでいる。写真は朴大統領。

写真拡大

2013年11月5日、環球時報(電子版)によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領がこのほど「一重まぶたを二重に整形した」との見方が広がり、市民の間に波紋を呼んでいる。

【その他の写真】

韓国時報が1日伝えたところによると、韓国大統領府がこのほど発表した朴大統領の近影は、いずれも二重まぶたとなっていた。これを見た人の間で「整形手術をしたのではないか」との声が拡大。しかし、大統領の側近は「最近公務が忙しかったため、疲れがたまって二重になったのだと思う」と否定している。

発端となったのは、10月31日に撮影された会議中の写真。側近によると、朴大統領は重要な会議に際しては専属の担当者が化粧するという。また、「大統領は目を二重に見せる“アイプチ”を使ったのではないか」との見方も出ている。(翻訳・編集/AA)