10周年六本木ヒルズ100万灯超のイルミネーション、板野友美が点灯

写真拡大

 開業10周年を迎えた六本木ヒルズの「クリスマスイルミネーション点灯式」が11月5日開催された。白と青の組み合せで10年にわたり親しまれている「SNOW&BLUE」のイルミネーションに加えて、今年はアニバーサリーを祝う演出として、赤を基調とした暖色系のイルミネーションが新たに登場。ゲストに元AKB48メンバーで歌手の板野友美を迎え、六本木けやき坂通りを飾る全長約400メートルのイルミネーションが点灯された。

六本木ヒルズのイルミネーション点灯の画像を拡大

 冬の風物詩として六本木ヒルズ周辺のけやき並木を彩る「けやき坂イルミネーション」は、今年で11回目の開催。65本の欅と周りに、昨年の2倍に相当する合計約105万灯のLEDを装飾した。時間は夕方の17時から夜23時までで、毎時0分から10分間は開業10周年を祝う暖色カラーのセレブレーションバージョン、それ以外は「SNOW&BLUE」のイルミネーションが点灯し、表情が異なる2種類の灯りを展開する。六本木ヒルズ周辺では「けやき坂イルミネーション」のほか、玄関口を彩る「66プラザイルミネーション」、毛利庭園内の池の水面に広がる「毛利庭園イルミネーション」、今年初の「ウェストウォーク クリスマスデコレーション"Joy to the Love"」も14日までに点灯させる。

 六本木ヒルズアリーナで行われた「クリスマスイルミネーション点灯式」では、クリスマスシーズンの訪れを告げる「SNOW QUEEN」として板野友美が大階段から登場し、「メリークリスマス」の言葉とともに点灯ボタンに手を添えるとけやき並木のイルミネーションが一斉に点灯。今年からスタートしたセレブレーションバージョンに「温かみがあって素敵」という板野友美は、「SNOW&BLUE」のイルミネーションも点灯すると「スノークリスマスみたいで、どっちもキレイ」と感動した様子で話した。六本木ヒルズのイルミネーションは、クリスマス当日の12月25日まで実施予定。

■ けやき坂イルミネーション
 期 間:2013 年11 月 5 日(火)〜12 月 25 日(水)
 時 間: 17:00〜23:00
 場 所: 六本木けやき坂通り