健康保険の被扶養者とは。130万円の壁にも注意しよう!

写真拡大

健康保険に加入する労働者を被保険者といいます。被保険者に扶養されている一定の親族などで、保険者に届け出た者を被扶養者といいます。被扶養者になると健康保険による給付を受けることができます。

被扶養者とは

健康保険の被保険者が配偶者や子供などの家族を養っている場合、その家族のことを「養われている者」ということから「被扶養者」と呼びます。健康保険では被保険者の被扶養者についても被保険者と同じように保険の給付を受けることができます。

被保険者の範囲

1. 被保険者の直系尊属、配偶者(事実上婚姻関係も含む)、子、孫、弟妹で、主として被保険者に生計を維持されている人です。「主として被保険者に生計を維持されている」とは、被保険者の収入により、その人の暮らしが成り立っていることをいい、 被保険者と一緒に生活をしていなくても問題ありません。

2. 被保険者と同一の世帯(同居して家計を共にしている状態)で主として被保険者の収入により生計を維持されている次の人

2-1 被保険者の三親等以内の親族(1. を除く)

2-2 被保険者の配偶者で、戸籍上婚姻の届出はしていないが事実上婚姻関係と同様の人の父母および子
2-3 2-2の配偶者が亡くなった後における父母および子

※ただし、後期高齢者医療制度の被保険者等である人は、除きます。

被扶養者の基準

健康保険において被扶養者になる人は、おもに被保険者に生計を維持されている者です。生計を維持されているかどうかの判断の基準は、被扶養者の年収が130万円未満(60歳以上、障害者は180万円未満)で、被保険者の年収の半分未満であるかどうかです。アルバイトやパートをしている場合は、130万円の壁に注意しましょう。

一緒に暮らしていない場合

被保険者と被扶養者が一緒に暮らしていない場合は、被扶養者の年収が被保険者から仕送りしてもらっている額より少ないことも条件になります。被保険者の子供が大学に通うために学校の近くにアパートを借りて住む場合などが該当します。

「健康保険に関する記事」の詳細を調べる