●全日本大学駅伝の成績(上位10校)
1位 駒澤大学
2位 東洋大学
3位 明治大学
4位 早稲田大学
5位 山梨学院大学
6位 青山学院大学
7位 大東文化大学
8位 日本体育大学
9位 日本大学
10位 順天堂大学

 気温は17度。湿度は70%を超えていたが、ほぼ無風というまずまずの好条件で行なわれた全日本大学駅伝対校選手権。今回、上位を狙う有力校のほとんどは、全8区のうち1区から4区までに強い選手を配置するオーダーを組んだ。

 駅伝は序盤で流れに乗って先手を奪えば有利に戦えるというのがセオリーだ。しかも10月の出雲駅伝では駒大が二本柱のひとりである中村匠吾(3年)を1区に使って飛び出し、そのまま流れに乗って逃げきってしまった。そのため各校とも、「駒大は今回も1区に中村を起用して逃げきる戦法で来るだろう」と警戒していた。

 東洋大は、2本柱である設楽兄弟の弟の悠太(4年)を1区に起用。エース区間の2区には出雲で区間賞を獲得していて次期エースと期待される服部勇馬(2年)、3区には経験も豊富な延藤潤(4年)、そして4区には昨年1区区間賞で主力のひとりである田口雅也(3年)を起用して駒大に食らいつこうとした。

 日体大は2本柱である 山中秀仁(2年)と服部翔大(4年)を2区と4区に起用。早大も実力1番手の大迫傑(4年)と2番手の山本修平(3年)を2区と4区に配置する前半重視型。密かに上位を狙っていた明大に至っては、5人の主力のうち大六野秀畝(3年)を最長距離のアンカーに回し、他の4人を1区から4区までに並べる作戦に出たのだ。

 対する駒大は、中村を1区に置き、3区と4区には主力の油布郁人(4年)と村山謙太(3年)を配置したのは予想通りだった。その後は1年生の中谷圭佑や駅伝初出場の馬場翔大(2年)でアンカーの窪田忍(4年)につなぐ作戦だ。ただし最初のエース区間である2区に、出雲の6区で区間2位だった1年生の西山雄介を起用したのは予想外だった。

「東洋大はうちが2区に村山を使うと思って、そこに服部を当ててきたんでしょうね。でも僕は以前にも2区をつなぎの区間にしたことがあるので......。もし遅れても、その分は1区の中村と3区の油布でしっかりカバーできると踏んだんです」

 こう語る駒大・大八木弘明監督によれば、二人の先輩は2区の西山に対して、ミーティングの席上、「もし失敗しても、俺が30秒勝つから大丈夫だ」とリラックスさせようとしていたという。

 1区の中村が、東洋大に20〜30秒のリードを奪う。西山は東洋大に追いつかれることを前提にして走り、粘って20秒遅れくらいに抑えてつなげば、油布がその差を詰めて並んでくれる。そして4区の村山が出雲でもうひとつだった東洋大・田口を突き放せば、そこからは優位に戦えるという読みだった。

 中村と窪田という信頼できるエースの存在とともに村山の成長という手応えがあったからこそ、箱根に向けて1年生を試してみるという余裕が持てたのだ。

 レースは、そんな大八木監督の思惑通りに進んだ。1区は第一工業大のジョン・カリウキ(2年)が、最初の1kmを2分42秒で引っ張りハイペースになった。だが中村は「予想以上に速かったが、他の選手を振り落としてくれたから良かった」と楽についていき、中盤以降の東洋大・設楽悠太の仕掛けにも、余裕を持って対応した。そして大八木監督の「仕掛けは1回だけ、やるなら上り以外」という指示をきっちりと守り、12km過ぎにロングスパートを仕掛けて悠太を振り切り、32秒の大差をつけたのだ。

 2区は東洋大の服部が、最初の2.5kmで22秒も差を詰める追い上げを見せ、5.3km過ぎで駒大をかわした。「5〜6kmまでには追いつかれるだろうから、それから付いていきラスト3kmでスパートする予定だった」と言う西山だが、残り3.5km付近で突き放され、26秒差を付けられた。

 大八木監督は「2区は私の想定より20秒くらい遅かった」と言い、西山も「もう少し粘る予定だった。チームに迷惑をかけた」と反省するが、1年生でエース区間を走る重圧を考えれば合格範囲だろう。その差を、油布が3区4年連続区間賞の走りで10秒に縮めると、4区の村山は最初の1kmで追いついた。

 村山は「10kmを28分20〜30秒で通過するイメージだったが、モグスさんの記録を破れるとは思っていなかった」と言うが、東洋大の田口と2kmほど並走して様子を見た後、3km過ぎからペースアップして独走状態に。その後も隙のない走りで、メクボ・モグス(山梨学大)の区間記録を8秒更新。東洋大に1分33秒差をつけてとどめを差した。続く5区・中谷と6区・馬場の区間賞獲得も、村山の快走の後押しがあったからこそ、だ。

 駒大の優勝タイムは5時間13分09秒。「無風なら5時間13分15秒と話していたから予定通り」という大八木監督は、日体大に並ぶ最多11回目の優勝を果たした理由を、「この駅伝はうちに相性がいい。実業団駅伝と同じように、9.5kmから19.5kmまでバリエーションに富んだ区間がある駅伝がうちのチームには合っている」と語る。だが、区間が20km以上になる箱根を考えると、まだ東洋大より層が薄いと気を引き締める。

 一方、東洋大の酒井俊幸監督は「区間配置は良かったと思うが、主力を並べた駒大の4区までの穴をつけなかった上、うちが勝つために必要だと考えていた5〜7区での盛り返しがなかったのが敗因」と語った。

 駒大に比べ、東洋大の選手たちは全体的に調子が上がっていなかったのは事実だろう。1区の設楽悠太は何度か仕掛けたが、中村には「仕掛けも短い距離で終わっていたから余裕を持って対応できた」と見切られていた。悠太にしてみれば、自分の状態が万全ではなく、ラスト勝負では勝てないという思いがあったからこそ中途半端に動いてしまい、想定以上のタイム差を付けられたのだろう。

 また4区の田口も、本来なら1区の選手。そこに起用できなかったというのは調子が上がっていなかった証拠だ。さらに8区の設楽啓太も駒大・窪田に53秒負けており、競り勝たなければいけない主力同士の争いですべて負けたのが最大の敗因だといえる。

 だが箱根を睨めば、東洋大には大八木監督が警戒する層の厚さはある。「設楽兄弟などの主力が、駒大の主力と本気でぶつかる覚悟を持ってやっていかなければいけない」と酒井監督はチームの意識向上を求めている。選手たちもこの完敗で巻き返しへの決意を固めたはずだ。

 東洋大以外のチームも、この大会ではある程度の手応えとともに課題を見つけたと言えそうだ。3位になった明大は1区の文元慧(3年)が4位と責任を果たしたが、2区では、今年5000mで13分28秒79を出して成長している八木沢元樹(3年)が区間賞に1分40秒近く劣る走りで区間11位と失速。その後の横手健(2年)と有村優樹(3年)もともに区間6位と、主力がチームを流れに乗せられなかった。

 だが5区の松井智靖(3年)の区間2位や、7区木村慎(2年)の区間賞獲得で盛り返すと、アンカーの大六野はエースとしての意地を見せ、順位を3位に上げた。

 また早大も、1区で期待の柳利幸(2年)がトップに2分41秒差の区間15位と失速し、2区の大迫も区間賞は獲得しながらも本来の走りを見せられなかったが、4区の山本修平以降の頑張りで4位を確保する結果を残した。

 明大は主力選手の安定性、早大は1区候補の不在という課題は残したが、総合力では箱根でも上位争いができるところを見せた。

 一方、前回の箱根の優勝校である日体大は、1区のハイペースに対応できず序盤から遅れて10位で発進。その後、2区の山中秀仁(2年)は早大・大迫や山梨学大の井上大仁(3年)とともに区間賞を獲得し、4区の服部も駒大・村山には1分8秒の差をつけられながら区間2位とまずまずの成績を残した。この時点で3位に盛り返して7区までつなげたが、主力のひとりであるアンカーの矢野圭吾(4年)が終盤になって失速して、6位までに与えられる来年の全日本大学駅伝のシード権を逃す8位に落ちるという予想外の結果に終わった。

 前回の箱根優勝というプレッシャーは、意識しないようにしても選手たちの心に忍び込んでいるはずだ。それを吹き払うためにも、ここからの積み重ねが重要になってくる。

 二冠を達成した駒大の大八木監督も、「選手層をみれば東洋大の方が上だから、うちは箱根へ向けてひとつひとつの駅伝をしっかり戦おうという気持ちでやってきた。箱根に向けて、三冠とは考えないで同じような気持ちでやっていきたい」と、引き締める。今回の箱根は、力が接近しており、ひとつのミスで脱落もあり得る戦国駅伝。二冠獲得の駒大といえども、気持ちは緩められないのだ。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi