テレビや雑誌の取材を受ける際に「最近のポイントのトレンドを教えて下さい」と聞かれることがよくあります。そんなときには決まって「共通ポイントの動向に注目しています」と答えています。

「共通ポイント」とは、さまざまな業種の企業がそれぞれ独自のポイント制度を運営するのではなく、1つ(共通)のポイントを付与したり、使ったりするポイント制度のことです。

 言葉で書くとわかりにくいのですが、「共通ポイント=TポイントやPontaポイント」といえば「あー、あれね」と理解できる方も多いのではないでしょうか。どちらも、コンビニやガソリンスタンド、ファミレスなど、さまざまな業種の企業が同じポイントを利用していることがわかると思います。

企業のポイント制度の方針は「囲い込み」から「相互送客」へ

 ひと昔前までは「ポイントの発行=顧客の囲い込みのため」でした。つまり、自分の店舗をよく利用してくれる人にサービスとしてポイントを提供し、その人が「ポイントが貯まるから(使えるから)」と、自然とその店舗を利用する頻度が高くなることを狙っていたわけです。

 しかし、共通ポイントを使う(共通ポイントに加盟する)場合、その効果は小さくなります。なぜなら、例えばコンビニで貯めたポイントを他店で利用される可能性も高く、共通ポイントの場合は顧客を囲い込む意味が薄くなるからです。

 では、なぜ企業は共通ポイント制度に加盟するのでしょうか?

 実は共通ポイントの一番の目的は「共通ポイント=さまざまな企業が相互送客のために利用するもの」なのです。

 数百万人から数千万人の利用者がいる企業では、それ以上のお客様を増やすのは非常に大変です。しかし、全く違う業種のお客様を相互に誘導することで、一気に利用者を増やすことができる可能性があるのです。

 例えば、Tポイントの場合、ファミリーマートでTカードを提示して、支払後にレシートを受け取ります。そのレシートに、エクセルシオールカフェや牛角などのクーポンが付いてくることがあるのを知っていますか? ファミリーマートに来たお客様を、同じTポイントの加盟店であるエクセルシオールカフェや牛角に誘導しているのです。

来年秋から楽天が新規参入!「共通ポイント」の覇権を争う動きが激化

 この「共通ポイント」の動きが、最近活発になってきています。

 まず、2013年7月1日にYahoo!のポイントプログラム「Yahoo!ポイント」が廃止され、「Tポイント」に統合しました。「Yahoo!ショッピング」でもTポイントが貯まり、「Yahoo!公金支払い」を使えば、Tポイントで税金や水道料金などを支払うことも可能となっています。
【2014年の最新の関連記事はこちら!⇒「ファミマTカード」より「Tポイント」が貯まる「Yahoo!JAPAN JCBカード」を活用せよ!「Tポイント」が貯まるクレジットカードを徹底比較!】

 また、2014年秋にはオンラインショッピングモール国内最大手の楽天が共通ポイントサービスに参入すると発表しています。

「Rポイントカード」を発行し、「楽天スーパーポイント」を街中でも利用できるように加盟店を募り、Tポイント、Pontaポイントの2大共通ポイントに挑みます。現時点でのRポイント加盟店は住宅メーカーのタマホームのみですが、2013年9月17日、コンビニ業界4位のサークルKサンクスが「Rポイントカード」のポイント制度に参加すると表明しました。
【2014年の最新の関連記事はこちら!⇒「楽天カード」がますますお得なカードに大変身!10月からサービス開始の「Rポイントカード」で「楽天スーパーポイント」をざくざく貯める方程式】

 これまではネットの世界だけで利用されていた楽天スーパーポイントが、満を持してTポイントやPontaポイントに対決を挑むことからもわかるように、これからは共通ポイントがポイント業界の主役になるのです。
(※さらに2014年8月からは「リクルートポイント」が「Ponta」に交換可能になっています。【2014年の最新の関連記事はこちら!⇒「Ponta」が一番貯まる最強カードはコレ!「リクルートポイント」との交換・統合で「リクルートカードプラス」が最強カードに】

 では、まずは共通ポイントの大手、TポイントとPontaポイント、それに加えて来年「共通ポイント争い」に参入するRポイントを比較してみましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)