11月2日に行なわれた日本対ニュージーランドの一戦、なぜラグビー日本代表『ジャパン』はノートライに終わったのか。ニュージーランド(NZ)代表『オールブラックス』の危機管理能力が高いとはいえ、ジャパンの連係不足、個々のフィジカル不足、プレイの精度が雑だったからである。

 チーム最年長の35歳、ロック大野均はこう漏らした。「いちばんの差は、トライを取り切るところの"嗅覚"ですかね」と。

 もうロスタイムだった。「赤」の束と「黒」の壁。超満員の秩父宮ラグビー場のスタンドが歓声とため息で揺れる。ジャパンが波状攻撃を重ねるも、オールブラックスの防御網は崩れない。ジャパンのトンプソンが、ブロードハーストがゴールラインまであと数十cmに迫る。

 PK(ペナルティキック)を連続してもぎ取り、相手フランカーのシンビン(一時退場)までもらった。ジャパンがひとり多くなる。チャンス。PKから左に回す。ラック。さらに左オープンに回して、最後はWTB福岡堅樹がライン際を脱兎のごとく駆け、左隅に飛び込んだ。

 トライ! そう見えた。だが、懸命に戻ったNZ主将のリッチー・マコウらふたりがかりのタックルを食らっていた。左隅のタッチフラッグが揺れる。トライかどうか、微妙なところだった。

 右目周辺を血だらけにした21歳の福岡が振り返る。「とにかくトライであってくれ、と願っていました」。録画映像によるTMO(テレビ・マッチ・オフィシャル)の結果、ボールをインゴールに付ける直前、左足がタッチラインを割っていたと判断された。

 ノーサイド。序盤は健闘しながらも、結局6−54の完敗である。福岡がうなだれる。

「残念です。最後の最後、あれだけつないで取り切れなかったのは、周りに申し訳ありません。フィジカルの部分も、経験の部分も、まだまだ足りないと思います」

 いくらNZが世界王者とはいえ、主力はNO8のマコウ主将とSOダン・カーターのふたりだけだった。相手は若手主体の編成だったのだから、ジャパンの勝機は決してゼロではなかった。しかし、ピンチ、チャンスでの動きの差が歴然だった。

 とくに彼我の違いが出たのは、ミス発生時のリアクションである。例えば、NZに献上した最初の2本のトライ。いずれもNO8ホラニのノックオンからだったが、ジャパンのカバーリングは薄かった。

「自分たちでミスして自分たちの首を絞めている」と大野は嘆く。「ミスしても、それをカバーする余裕がない。逆にNZはイージーミスをしても、ボールをトライラインまで届かせてくれない」

 トライとは、チームの連係で相手を崩し、個人の力でフィニッシュするものである。どちらも力不足だったのだろう。ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)もふたり目が遅かった。勝負どころの嗅覚はハイレベルの試合で磨いていくしかあるまい。

 過去、NZには4戦4敗だった。W杯では、1995年に17−145と屈辱的な大敗を喫し、2011年にも7−83とやられていた。日本代表はこの2年、エディー・ジョーンズヘッドコーチの元、『ジャパン・ウェイ』(日本流)を追求してきた。

「日本流」とは、簡単にいえば「スピード」と「低さ」、「精度」。シェイプ(攻撃の形)を重ねて相手の防御網を崩し、トライを奪うことである。

「ジャパン・ウェイとは?」と聞けば、大野はこう言った。「愚直ですかね」。

 確かにスクラムとラインアウトのセットプレイは成長し、6月にはウェールズから金星を挙げた。だが、ジャパンの生命線であるプレイの精度に関しては、この日、NZの激しい重圧にハンドリングミスを繰り返した。約束事のシェイプの配置も雑になった。

 孤軍奮闘したSH田中史朗はこう嘆く。「意識の問題です。もっとコミュニケーションをとってやれば、トライの可能性はもっと膨らんだと思います」と。

 軽い脳梗塞で倒れ、病院でテレビ観戦したジョーンズHCも、さぞ悔しさを募らせたに違いない。ジャパンの成長はとくにスクラムに見られたが、課題はフィジカル、重圧下の精度、シェイプの完成度だろう。大野が言うトライを取る「嗅覚」に関しては、高いレベルの試合の中で磨いていくしかあるまい。すなわち「経験値」である。

 ジャパンの目標は、2015年ワールドカップ(W杯)で「トップ10」。日本開催の19年W杯では「ベスト8」。主将のWTB広瀬俊朗が言う。

「自分たちがやっているラグビーの方向性は間違いない。自分たちを信じ、ハードワークをやっていく。地道に一歩ずつ、力を積み上げていくしかありません」

 3日、ワイズマンテルHC代行率いるジャパンは欧州遠征に出発した。敵地で、強豪のスコットランド代表などと4戦を戦う。W杯並みの過酷な日程が続く。ジャパンにとって、試練の時である。

松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu