ツイッターの新規株式公開、こうトレードしなさい!

写真拡大

【今回のまとめ】
1.ツイッターは初値設定の範囲内の限り、割安だ
2.取引開始は11月6日か7日
3.成り行き買いは、しないこと
4.寄り付き後、最初の崩れを待て

米国株式市場は高値で伸び悩み

 先週の米国株式市場は高値で伸び悩む商状でした。ダウ工業株価平均指数は+0.3%、S&P500 指数は+0.1%、ナスダック総合指数は−0.5%でした。

ツイッターの新規株式公開

 さて、今週の目玉は、何と言ってもツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)がニューヨーク証券取引所に上場されるイベントでしょう。

 結論から言えば、初値レンジ(23から25ドル)の上限、つまり25ドルで取引が開始されるのであれば、ツイッターは「買い」だということです。

 なぜなら時価総額を過去12カ月の売上高で割り算したPSR(Price to Sales Ratio)で見ると、ツイッターは最近新規株式公開されたネット企業の中で、けっして飛びぬけて割高な水準ではないからです。

 ただ売上成長率を見るとツイッターは100%以上で成長しており、既に+60%程度に鈍化しているフェイスブックなどに比べるとまだまだ売上成長率には勢いがあります。

 これはフェイスブックが満を持して、利益が出るようになってから株式を公開した事が影響しています。もちろん、利益が出ていることは良い事ですが、その半面、ユーザー・ベースの多さを売上高に結びつける努力(=これを業界用語でマネタイゼーションと言います)は既にかなり進捗しており、その分、「刈り取られていない収益機会」は少なくなってしまっていたわけです。

 その点、ツイッターはまだまだマネタイゼーションの余地が大きいです。投資家は売上高成長率を最も重視します。その意味では(PSRでほぼ同じなら、より急成長が見込まれるツイッターを買った方が有利だ)と多くの投資家が判断するのは当然だと思います。

トレードに際しての注意点

 ツイッターの新規株式公開の引受幹事団には、日本の証券会社の名前はありません。それは取引開始前、つまり売り出しの値段(=23ドルから25ドル)で日本の投資家がツイッター株を買う事は、たぶん出来ないということです。

 するとツイッターの株を日本の投資家が買えるのは、同社株がニューヨーク証券取引所に上場された後ということになります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)