今季初勝利で世界ランク155位に浮上した池田勇太(撮影:ALBA)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 11月3日付けの最新世界ランキングが発表された。先週の「マイナビABCチャンピオンシップ」で今季初優勝を挙げた池田勇太が前週から61ランクアップの155位に浮上。また同大会単独3位の藤本佳則が126位、単独4位の片山晋呉が112位にそれぞれ順位を挙げた。

 一方、米国男子ツアー「WGC-HSBCチャンピオンズ」を背中痛のため棄権した松山英樹は前週の28位から29位にランクダウン、また石川遼も113位から115位に順位を下げている。また同大会で今季初勝利を挙げたダスティン・ジョンソン(米国)が12位へのジャンプアップを果たしている。

【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(12.34pt)
2位:アダム・スコット(8.82pt)
3位:ヘンリク・ステンソン(8.00pt)
4位:フィル・ミケルソン(7.91pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.51pt)
6位:ローリー・マキロイ(6.77pt)
7位:スティーブ・ストリッカー(6.39pt)
8位:マット・クーチャー(6.30pt)
9位:ブラント・スネデカー(6.06pt)
10位:ジェイソン・ダフナー(5.68pt)
12位:ダスティン・ジョンソン(5.31pt)
29位:松山英樹(3.66pt)
90位:小田孔明(1.68pt)
112位:片山晋呉(1.50pt)
115位:石川遼(1.46pt)
118位:藤田寛之(1.42pt)
126位:藤本佳則(1.36pt)
155位:池田勇太(1.14pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】米ツアー予選会に挑む岩田寛に拍手!
各ツアーのリーダーズボード
最新のギアニュースと試打レポートはこちらから