宇宙服のために開発された素材が温度調節ウェアに AOKIが販売

写真拡大

 AOKIが、伊藤忠商事との共同開発商品「温度調節アウトラストシリーズ」の販売を11月から開始した。宇宙服のグローブ用として実用化された温度調節素材「アウトラスト(OUTLAST)」を使用し、オールシーズン快適に着用できるという。メンズスーツ、ジャケット、ヘリンボーンステンカラーコートが一部店舗で、シャツ、肌着、ソックスが全国の店舗で展開されている。

温度調節アウトラストシリーズ発売の画像を拡大

 「温度調節アウトラストシリーズ」は、外気温に関係なく衣服内の温度を一定に保とうとする機能を持った商品。NASA(米国航空宇宙局)のために開発された温度調節素材「アウトラスト」を使用することで、暑いときには体からの余分な熱を吸収し、寒いときには蓄えていた熱を放出する働きにより、人間が快適さを感じる32度に衣服内温度を調節するという。販売価格はスーツが69,900円、シャツが5,900円、肌着が1,500円。

 「アウトラスト」は、1999年から伊藤忠商事が日本において展開を開始。2007年1月には原料となるカプセル・ファイバーや生地、製品など全マテリアルにおいて米国OUTLAST TECHNOLOGIES LLCと独占輸入製造販売権と独占商標使用権に関する契約を締結した。従来のアクリル、レーヨン、ポリエステル短繊維に加え、新たにポリエステル長繊維での加工が可能になったことから、カジュアルアウターやインナー、スポーツウェア等、幅広いアイテムへと応用できるようになったという。

■温度調節アウトラストスーツ
 販売店:MAJI(限定100店舗)、JUNKO SHIMADA JS homme(限定200店舗)

■温度調節アウトラストジャケット
 販売店:CAFÉ SOHO WHITE LABEL(限定100店舗)

■アウトラスト ヘリンボーンステンカラーコート
 販売店:JUNKO SHIMADA JS homme(限定150店舗)