夫の社会保険の扶養に入っているなら130万円以上稼いではいけない! 130万円と150万円の壁

写真拡大

夫の社会保険の扶養となっている妻のパート収入が、年収が130万円以上になる保険料負担が増加してしまいます。なぜ、130万円を超えると保険料で損をしてしまうのでしょうか?

130万円の壁

パート収入が年収131万円と年収128万円では、手取りが多いのはどちらでしょうか? 答えは、年収128万円です。実は、パート収入には130万円の壁があります。

日本では健康保険と年金制度に加入することが義務です。そのため、収入に応じて保険料を支払うことが義務となっています。しかし、社会保険に加入している夫に扶養されている妻は、保険料の負担なしで社会保険に加入できます。

ただし、年収130万円未満、労働時間が正社員の4分の3未満であることが扶養の条件です。130万円の壁を超えてしまうと、健康保険と年金の2つの社会保険料を自分で支払うことになってしまうのです。

150万円の壁

健康保険と年金の保険料を負担しても、年収130万円未満で働く人より、手取りが多くなるのは年収150万円を超えてからとなります。そのため、パート収入が130〜150万円の人は損をしています。社会保険の仕組みを考えると、パート収入は130万円以下か150万円以上のどちらかにするようにしましょう。

「社会保険料がもっと分かる記事」の詳細を調べる