「ニコン D5300」

写真拡大

ニコンは2013年11月中旬、デジタル一眼レフカメラ「D5300」を発売する。価格はオープンだが、直販価格は8万9800円。

フルハイビジョン動画撮影も

有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレスのDXフォーマットCMOSセンサーと、新画像処理エンジン「EXPEED 4」を備えるエントリーモデル。ニコンのデジタル一眼レフとしては初めて、Wi-Fiと位置情報機能(GPS)を内蔵し、撮影した画像を、スマホなどを使って簡単に共有できる。

ボデイーには炭素繊維を使った新素材を採用したほか、カバー構成を箱型の一体的な構造体とするモノコック構造を実現し、小型軽量と十分な強度を両立。このほか、自由自在なアングルで撮影できる約104万ドットの3.2型バリアングル液晶モニターや、フルハイビジョン動画撮影機能「Dムービー」、撮影時にカメラ本体でさまざまな演出効果を選択、リアルタイムで設定できる「スペシャルエフェクトモード」(全9種類)を搭載する。

カラーは、ブラック、レッド、グレーの3種類(ボディー単体はブラックのみ)。サイズは幅125×高さ98×奥行き76ミリ、重量は約530グラム。