<Bellator世界ライト級選手権試合/5分5R>
エディ・アルバレス(米国)
Def.2-1:48-47, 48-47, 47-48
マイケル・チャンドラー(米国)

両者が左を伸ばして試合がスタート。ケージを背にしてステップを踏むアルバレスは、チャンドラーの前進からの右をかわす。アルバレスのワンツーをスウェイでよけた王者は、テイクダウン狙いも切る。王者のワンツーにシングルレッグを合わせたアルバレス、チャンドラーは腕を入れてディフェンスする。

アルバレスは左ジャブを引き続き伸ばすと、チャンドラーの目尻が赤く染まっている。チャンドラーのワンツーをステップバックするアルバレスだが、チャンドラーは引き続きプレッシャーを与えてパンチを振るっていく。前に出るチャンドラー、回るアルバレスという展開のなか、王者の右アッパーを受けたアルバレスがシングルに出るも切られる。

左フックは空振りになったチャンドラーだが、右ボディブローを打ち込む。残り70秒、アルバレスの左がヒット。王者の左は空振りになったが、蹴り足を掴んで右を入れてテイクダウンへ。そのままバックに回りパームトゥパーム・チョークを仕掛けるも、ここはアルバレスが前方に落してエスケープに成功する。アルバレスのダブルを切ったチャンドラー、スリップで後方に倒れたところで初回終了の合図がなり、まずは試合をリードした。

2R、右ストレートから左をヒットさせたチャンドラー。アルバレスも左を打ち返し、王者が顔面に被弾する。さらに左を入れたアルバレスだが、ややガードが低いか。前に出るのは、このラウンドもチャンドラーの方。アルバレスはサークリングから左ジャブを2発、右ストレートを見せるがクリーンヒットはしない。チャンドラーはテイクダウン狙いを切られ、左フックも空振りに。そのままケージにアルバレスを押し込むも、体を捩じって距離を取られる。

アルバレスの左ジャブを受けた王者だが、前蹴りをボディに入れて組みつくとバックに回って大きくテイクダウン。そのまま背中につくが、足をフックはできない。チャンドラーは再び大きく投げ捨てバックを狙うも、アルバレスも胸を合わせて耐える。するとチャンドラーは、シングルで挑戦者をケージに押し込み、ダブルレッグに切り替え腰をコントロール、アルバレスはケージを背にして立ち上がり、王者の組みをいなすと距離をとりなおす。

ここでアルバレスがワンツーをヒット、残り30秒チャンドラーはテイクダウンからトップキープで2Rをまとめた。3R、アルバレスの左に右を合わせたチャンドラーはハイキックを受けそうになる。テイクダウン狙いで息を整えたチャンドラーは、距離を取り直し再び打撃戦から組みついていく。これを切ったアルバレス。王者にやや疲れが出てきたか。続くダブルレッグからドライブもケージを背にして耐える挑戦者。スプロールをすかしたチャンドラーが距離を取り直し、直後にシングルへ。

すぐに手を放したチャンドラーは、パンチが極端に減っている。右ストレートをヒットさせたエディは、左ジャブを伸ばす。懸命に組みつく王者、ここでもテイクダウンを奪えず、一瞬間が空くとアルバレスが打撃でなく組み付いてバックへ。チャンドラーを押し放ったアルバレスが、蹴り、さらにパンチを入れる。アルバレスのスピニングバックフィストは空振りになったが、打撃で圧しているのはアルバレス。しかし、チャンドラーも残り1分となり組みついてバックからテイクダウン。足を一本フックして絞めを狙う。

チャンドラーは絞めから組みに切り替え、腰をコントロールしてテイクダウンに成功。残り20秒でのトップコントロールとパウンドでスコアリングに出たが、中盤の打撃で攻勢に出たアルバレスのラウンドとなったか。左目を大きく腫らした王者、距離感が合わなくなり、とにかく組んでドライブというという策しかないのであれば、残りの2Rは厳しいモノになる。