中国にあるシャーシャン・インターナショナルGCで開催された「WGC-HSBCチャンピオンズ」の最終日。この日、PGAツアーから1つの重要な発表が行われた。PGAツアーコミッショナーのティム・フィンチェムが中国で自ら会見を行い、2014年から「PGAツアー・チャイナ」が発足することが発表された。
「WGC-HSBCチャンピオンズ」の最終結果はここから!
 これは、PGAツアーが、チャイナ・ゴルフ・アソシエーション、チャイナ・オリンピック・スポーツ・インダストリー(COSI)と協力して中国のナショナルツアーを運営するもので、2014年シーズンは12試合を開催。詳細は後日発表されるが、ツアー上位者にはPGAツアーの下部組織であるWeb.comツアーへの出場権が与えられることも決定した。
 中国では世界的ビッグイベントである「WGC-HSBCチャンピオンズ」を筆頭に、アジアンツアー、ワンアジアなどの国際大会が多く開催されてきたが、いわゆる国内のゴルフツアーは存在しなかった。しかし、PGAからの働きかけに加え、ゴルフのオリンピック競技復帰をきっかけに中国国内でゴルフ選手強化への動きが加速。アジア進出を進めるPGAツアーと思惑が合致しツアー発足へ発展した。PGAツアーはこれまでPGAツアー・カナダやPGAツアー・ラテンアメリカの運営も行ってきているがPGAツアー・チャイナはこれらのツアーと同性質のものとなる。
 中国での試合を持つアジアンツアーは中国の国内ツアーが発足することによる影響はないとしているが、近隣の日本ツアーや韓国ツアーにとっては大きな影響を与える可能性もある。PGAツアーへの登竜門となる土壌を選手が魅力的にとらえれば、有力選手が同ツアーに“流出”する可能性も否めない。さらに今後PGAツアー・チャイナが存在感を増していくこととなれば、国内のスポンサー“流出”の可能性すらある。
 5回目を迎えた今大会も多くのギャラリーを集め、ゴルフを取り巻く環境も少しずつ成熟してきている中国。女子のメジャー王者フォン・シャンシャンに加え、今年のマスターズで史上最年少ローアマチュアに輝いたグァン・ティンランら若い世代の有力選手も多く育っている。本格的に動き出す眠れる巨人の脅威はすぐそこまで迫っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
石川遼、スコア伸ばして今季の米ツアー参戦を終了
藤田寛之と川村昌弘が中国で得たもの
G-VOICEで徹底討論!松山英樹、石川遼はどこまで活躍できるか?
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング