出だし連続ボギーを叩いたが、後半の4連続バーディなどでプレーオフ進出を果たしたS・K・ホ(撮影:ALBA)

写真拡大

<マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 最終日◇3日◇ABCゴルフ倶楽部(7,130ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」はプレーオフを制した池田勇太が今季初勝利。プレーオフに敗れたS・K・ホ(韓国)が単独2位、1打差の単独3位に藤本佳則、さらに3打差の単独4位に片山晋呉が入った。
池田勇太が“選手会長”として初勝利!「今年はもう勝てないと思ってた」
 以下に主な選手のコメントを掲載する。

●S・K・ホ(トータル15アンダー単独2位)※プレーオフ敗退
「プレーオフは結果の話、勇太がミスしただけ。今年は前半良かったが、最近は悪かったのでこの成績は良かった。これで日本シリーズも出られると思う。」
●片山晋呉(トータル11アンダー単独4位)
「今日はいい感じでプレー出来ました。この感じであれば残りの全試合で優勝争いできるんじゃないかという手応えを感じました。頑張ります。」
●深堀圭一郎(トータル9アンダー6位タイ)
「今日は上に届く内容ではなかった。17番ではアンラッキーもあったが精一杯やりました。ここしばらく調子が出ていなかったが、この順位は評価できる。残りの試合、頑張ります。」
●和田章太郎(トータル7オーバー52位ベストアマチュア賞)
「良いことと悪いことの両方を楽しむことが出来て、初日から今日まで楽しくまわることが出来ました。今日はパットが入らず1日が長かったです。今後は特に試合の予定はなく、QTのみです。今回の経験を活かして頑張ります。」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藤本佳則、ノーボギーのゴルフも単独3位「勝てなければ一緒」
G-VOICEで徹底討論!今年の賞金王・女王誰の手に?
「WGC-HSBCチャンピオンズ」の最終結果はここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング