今大会4位で終え賞金ランキングも浮上させた渡邉(撮影:ALBA)

写真拡大

<森永製菓ウイダーレディス 最終日◇3日◇森永高滝カントリー倶楽部(6,445ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」の最終日。シード権獲得に向け、気の抜けない戦いが続いている渡邉彩香は7位タイからスタート。3番でバーディが先行するも、5番で痛恨のダブルボギーを叩いてしまう。

 しかし、6番パー5で3打目を1メートルにつけバーディを奪うと、そこから3連続バーディを奪取。スコアを1つ伸ばして折り返すと後半10番でもさらにスコアを伸ばす。その後はスコアカード通りのプレーを続け、迎えた最終18番。3打目を2メートルのチャンスにつけるが、これを決めきれずパーに。この日は5バーディ・1ダブルボギーの69でラウンド。スコアを3つ伸ばし4位タイに順位を上げ競技を終えた。
 賞金ランクは49位に浮上。来季のシード権が与えられる50位以内には入ったが、まだ安心はできない。「あと一個獲れば決まるかなと思っていたし、自分でも分かっていたのですが…。昨日同様あと一個が遠かったです」と唇を噛んだ。もし、フォン・シャンシャン(中国)と並び3位タイでフィニッシュすれば獲得賞金が100万円違っただけに、あのパットが悔やまれる結果となった。
 来週の米女子ツアーとの共催大会、ミズノクラシックには出場できず次戦は再来週の伊藤園レディス。「イメージの良いコースなので、このままの調子でいけば楽しみな部分はあります」。女子ツアー屈指の飛距離が魅力の渡邉はこれからが期待される大器。最終日が中止となった富士通レディスでは1打及ばず2位に。今回も“1打の重み”を思い知る悔しい結果となったが、少ない残り試合で前を向いて戦い続けるしかない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
イ・ボミ、最終日にコースレコードをマーク!2位に5打差をつけ圧勝
G-VOICEで徹底討論!今年の賞金王・女王誰の手に?
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング