イワブチ(5983)の日足チャート(3カ月)。緑が5日、赤が25日、青が75日の移動平均線(出所:株マップ)

写真拡大

 10月22日(火)、イワブチ(5983)の終値は419円だったが、引け後に上方修正が報じられると、10月23日に窓を開けて上昇し終値で486円と16%の急騰となった。こんな銘柄を先回りして買いたいものだ。

 現在、3月決算企業は、第2四半期の決算発表シーズンを迎えており、10月28日の週から11月5日の週にかけて発表はピークを迎える。日経平均は保合でも、個別銘柄を見れば業績に応じて大きく上昇する銘柄もある。業績相場の到来だ。ネット証券が提供する情報を上手に使って、好業績銘柄を発見しよう。

2Q決算関連レポートからサプライズ銘柄発掘!

 今期の企業業績はいいのか悪いのか。第2四半期決算の注目ポイント、注目銘柄は何か。各ネット証券が提供するレポートを拾い読みしてみた。レポートには、一般公開されたもの(口座開設していなくても証券会社のHPで見られる)と、会員向け(口座開設をしてログイン後の画面で見られる)がある。興味がわいたレポートがあれば、アクセスしてみよう。

◆SBI証券
「日本株投資戦略〜好決算銘柄先取り!2013年7〜9月決算本格化へ〜」(一般公開)

 金融緩和や円安により「上場企業の業績は回復」。銘柄に関しては「大幅増益を達成し、通期予想も大幅な増益見通しを発表(できれば上方修正)すれば、良好な投資収益が期待できます」としており、「大幅増益が予想(市場コンセンサス)されている主力銘柄」が一覧表で紹介されている。掲載されている銘柄は、三井化学(4183)、トクヤマ(4043)ほか29銘柄。この表は要チェックだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)