「ピットリトライC」(左から、スタンダード、ミント、サクラ、ライム)

写真拡大

トンボ鉛筆は2013年11月1日、2種のテープのり(紙用粘着テープ)「ピットリトライC」「ピットパワーC」を全国の文具店、量販店などで発売した。

強力接着の「ピットパワーC」も

「ピットリトライC」は、テープを塗布し、張り合わせて約1分以内は張り直しができるのが特長。テープのりの表面に形成される約1ミクロンのバリア層が、テープのりの接着力を抑止しながら、ゆっくり紙に染み込む。このバリア層が紙へ移行する間が「約1分」で、この間は張り直しができる。バリア層の移行が終わると、テープのりと紙が密着する面が増え、接着力が強まる。

一方の「ピットパワーC」は、張り合わせるとすぐ強力に接着するのが特長。テープのりの厚みを従来品比で約50%厚くし、弾力を持たせたことにより、接着力が20%向上した。また、テープのりに微粒子を混入することで、接着力が強くてもテープの切れがスムーズになるようにした。

両商品とも、希望小売価格は262円。つめ替えテープは189円。