65歳が一番お得!? 離婚時の厚生年金の分割制度「合意分割」と「3号分割」

写真拡大

離婚時の厚生年金の分割制度は、離婚すると女性の年金が少額になるケースが多いため、夫の厚生年金を妻に分割できるようにする制度です。もしもの離婚の際に、女性の力となる厚生年金の分割制度「合意分割」と「3号分割」を紹介します。

3号分割

平成20年5月1日以後に離婚等をし、以下の2つの条件に該当したときに、国民年金の第3号被保険者であった方からの請求により、平成20年4月1日以後の婚姻期間中の3号被保険者期間における相手方の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を2分の1ずつ、当事者間で分割することができる制度です。

妻が第3号被保険者のときは、離婚の際、婚姻期間にかかる夫の厚生年金記録を夫の合意なしに分割が可能です。ただし、夫の合意が不要なのは平成20年4月以降の婚姻期間についてだけなので、それ以前の分について合意分割を利用します。

3号分割の条件

1. 婚姻期間中に平成20年4月1日以後の国民年金の第3号被保険者期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)があること。

2. 請求期限(原則、離婚等をした日の翌日から起算して2年以内)を経過していないこと。

3. 「3号分割制度」については、当事者双方の合意は必要ありませんが、分割される方が障害厚生年金の受給権者で、この分割請求の対象となる期間を年金額の基礎としている場合は、「3号分割」請求は認められません。

合意分割

平成19年4月1日以後に離婚等をし、3つの条件に該当したとき、当事者の一方からの請求により、婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を当事者間で分割することができます。老齢基礎年金は分割の対象とはなりません。

標準報酬額の半分を限度として、夫の合意があった場合に、妻独自の年金として支給を受けることができるようになります。共働きの場合は、夫か妻のどちらか少ないほうの標準報酬額を下限とします。

また、平成19年4月1日前の婚姻期間中の厚生年金記録も分割の対象となります。合意分割の請求が行われた場合、婚姻期間中に3号分割の対象となる期間が含まれるときは、合意分割と同時に3号分割の請求があったとみなされます。よって、3号分割の対象となる期間は、3号分割による標準報酬の分割に加え、合意分割による標準報酬の分割も行われます。

合意分割の条件

1. 婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)があること。

2. 当事者双方の合意または裁判手続により按分割合を定めたこと。(合意がまとまらない場合は、当事者の一方の求めにより、裁判所が按分割合を定めることができます。)

3. 請求期限(原則、離婚等をした日の翌日から起算して2年以内)を経過していないこと。

離婚分割の注意点

離婚分割制度を利用する場合、厚生年金の特別支給に該当する場合、定額部分と加給年金部分は離婚分割の対象とならず、報酬比例部分が分割の対象となります。

さらに、離婚をしてしまうと、加給年金部分と振替加算部分がなくなってしまいます。振替加算は、65歳以降一度ついてしまえば、その後、離婚分割をしても支給されます。そのため、特別支給に該当する夫の場合かつ、大正15年4月2日から昭和41年4月1日までの間に生まれている女性は、65歳以降に離婚をするほうがお得となってしまいます。注意しましょう。

「老後に役立つ(老齢)年金情報」の詳細を調べる