中国・北京で深刻な大気汚染に

ざっくり言うと

  • 中国北京市周辺は1日から2日にかけ、深刻な大気汚染に見舞われている
  • 微小粒子状物質「PM2.5」の濃度は「極めて有害」という水準に
  • 同国全土では10月に霧を観測した日数の平均が、約50年ぶりに4.7日になった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング