「パットは全部気持ち悪い」と心境を吐露した池田(撮影:ALBA)

写真拡大

<マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 3日目◇2日◇ABCゴルフ倶楽部(7,130ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」の3日目。初日から単独首位を守ってきた池田勇太は4バーディ3ボギーの“70”でラウンド。スコアを1つ伸ばしたが、同組でラウンドしたS・K・ホ(韓国)に首位の座を明け渡し2位タイで最終日を迎えることになった。
池田勇太、痛恨ダボで沈黙も後半4バーディでカムバック!
 前半は快調な滑り出しだった。3番ホールまでパーを並べた池田は4番パー5で2オンに成功し、この日最初のバーディを奪う。続く5番ホールではラフから98ヤードのセカンドをグリーンの傾斜を利用しOKの距離に寄せて連続バーディ、さらに難関6番パー4でも188ヤードのセカンドを6番アイアンで1.5メートルに寄せ3連続バーディを奪取した。
 しかし後半に入ってからは流れが暗転、前日までの池田の不安が的中する形でパットが決まらなくなる。11番ホールでこの日初めてのボギーを叩くと、14番ホールでは3パットのボギー。さらに15番パー5では悪い流れを象徴するかのようにラフからのセカンドが左のOBゾーンに消えた。
 だがこれで終わらないのが池田。このホール打ち直しの4打目をグリーン近くに運んでボギーでしのぐと、17番ホールでは146ヤードのセカンドを1.5メートルに寄せてバーディ。最終18番ではバーディを奪えなかったが、悪い流れを断ち切って激動のムービングサタデーを終えた。
 結果として首位の座から陥落した池田だが、ラウンド後の会見では「今日の感じでよくここにいられたと思う。周りが伸びなかったのはラッキー」と現状に関する感想を話した。3日目の池田は前半こそ好調なゴルフを展開したが、それでもパットに関して“感覚との誤差”がある状況に変わりはなく、ほぼ全てのパットが“気持ち悪い”と感じていたようだ。「自信を持ったパッティングができていないのが現状」今季初勝利を目前まで引き寄せて最終日を迎える今の状態でも池田の顔には嘆きにも近い表情が浮かんでいる。
 「勝ちたい気持ちはもちろんある」と話すように池田の今季初勝利を渇望する気持ちは強い。プロ入り初優勝を挙げて以降、毎年コンスタントに勝利を積み重ねてきたのがだからそれも当然だろう。しかし今は勝ちたい気持ちよりも自分のプレーに対する不安な気持ちの方が勝っているのが現状だ。「明日も一応ゴルフしに来ますよ」そう言い放った池田は足早に会見場を後にし、練習グリーンへ向かった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
アマチュア高校生・和田章太郎が見せた確かな実力
G-VOICEで徹底討論!今年の賞金王・女王誰の手に?
「WGC-HSBCチャンピオンズ」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング