<WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇2日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
 中国で開催中の「WGC-HSBCチャンピオンズ」の3日目。2日目に10バーディを奪い単独首位に躍り出たダスティン・ジョンソン(米国)は、この日も前半6バーディ・ノーボギーと2日連続のバーディラッシュ、スコアを通算18アンダーまで伸ばし2位と5打差をつけ、前半を折り返した。
 そのジョンソンを5打差で追うのは昨年の覇者・イアン・ポールター(イングランド)。ホールターは7バーディ・ノーボギーとこちらもバーディを量産。7つ伸ばし通算13アンダーで単独2位に浮上した。
 続く通算10アンダー単独3位にはドイツのマーティン・カイマー。通算9アンダー4位タイにはグラハム・デラート(カナダ)、グレアム・マクドウェル(北アイルランド)、ブー・ウィークリー(米国)の3人がつける。
 初日、首位に立ったローリー・マキロイ(北アイルランド)は1つ伸ばし通算8アンダーにするも7位タイに後退した。
 一方、日本勢では川村昌弘が2つ伸ばし通算1アンダーで43位タイに浮上。藤田寛之は1つ戻し通算イーブンパーで49位タイとしている。また、2日目も巻き返せず9オーバーで終えた石川遼は3日目でやっと石川らしいゴルフが復活。前半3バーディ・ノーボギーの“33”で3つ戻し、通算6オーバーで折り返した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、ブービー脱せず…スイングに悩み「これだというのが1つもない」
G-VOICEで徹底討論!今年の賞金王・女王誰の手に?
「WGC-HSBCチャンピオンズ」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング