新生ディーゼル「エロティカ」な一夜 アクセサリーキャンペーン世界初披露

写真拡大

 アーティスティック・ディレクターにNicola Formichetti(ニコラ・フォルミケッティ)を迎えた「DIESEL(ディーゼル)」が11月1日、港区の複合施設「TABLOID」でグローバルイベントを開催し、最新のアクセサリーキャンペーンを世界に先駆けて披露した。創始者兼社長のRenzo Rosso(レンツォ・ロッソ)とNicola Formichettiをはじめ、ミューズを務めるラッパーのブルック・キャンディとモデルのテッサ・クラギが来場。キャンペーンのセンシュアルな世界観が会場を包む中、ウィメンズの2014年春夏シューズ&バッグコレクションのプレゼンテーションが実施された。

DIESEL新キャンペーン初披露の画像を拡大

 「DIESEL」は、2014年春夏からウィメンズのシューズ&バッグコレクションを一新するにあたり、新たなグローバルキャンペーン「EROTICA」を発表。コレクションの2つのメインテーマ「縛り」と「Sexy Bullet」を刺激的なヴィジュアルで表現しており、手掛けたNicola Formichettiは「DIESELのインダストリアルな側面は、ある意味でとてもエロティックで、それを強調するのは自然なことに思える。ブルック・キャンディは既成概念を取っ払って活躍し、テッサ・クラギは真のパフォーマーとしての本能を持っており、コレクションのインダストリアルでスチームパンクな雰囲気に完璧にマッチしている」とコメントしている。

 会場となった「TABLOID」のメインエリアでは、無規則に貼られたレザーのテープや銃弾など効果的な演出の中に最新のアクセサリーコレクションが展示され、その上に組まれた2階部分でプレゼンテーションを実施。官能的なファッションに2014年春夏のシューズやバッグを身につけた複数のモデルが、前方のステージから客席を通って柵で囲まれた中央の舞台を歩き回るパフォーマンスが観客の視線を集めた。イベントには多くのセレブリティが訪れ、世界各国のメディアも来場。終盤にはキャンペーンミューズのブルック・キャンディによるDJライブで盛り上がり、Renzo RossoとNicola Formichettiは多くの来場者と交流した。