好きな写真を1枚撮って送れば、どこからか違う写真が送られてくる!?『Rando』は、このアプリで写真を撮ると、その写真が“世界の誰か”に送られる代わりに、自分のも“世界のどこからか”写真が1枚送られてくるアプリです。

まず、アカウントを登録して、好きな写真を撮りましょう。写真は基本的に丸い画像で送られるようです。丸いフォルムはそれだけでかわいいですね。

送信してしばらく待つと、送った写真1枚につき、1枚写真が返ってきます。送られてきた写真をタップすると地図が表示され、どこの国から送られてきたのかがわかります。

操作は「“写真を撮って”“写真を送る”だけ」と、すごくシンプルなんです。

『Rando』はイマジネーションをかき立てるアプリ
返ってくる写真には、「ロシア美女」「食事風景」「夕焼け」「リゾート感たっぷりの海」などがありました。

送られてきた写真には「にっこり顔」と「しょんぼり顔」で評価も送れるから、言葉が違っても交流ができますね。

それに写真をタップすれば、世界のどこから送られてきたのかが、地図で表示されるので、わくわくとイマジネーションが湧いていきますよね。

「この夕焼けはアリゾナの夕焼けなんだ〜。実際に目にしたらどんな感じなんだろう?」と、写真を撮った人、そこにいる人、生活する人、異国の空気や習慣などや、また食事風景の写真なら、異国の一家団らんへのイマジネーションがかき立てられますね。

もちろん自分が撮った写真も、世界のどこかの誰かに送られているから、同じように思われているかも?なにげない景色や、写真に癒やされる事ってありますよね。

もしかしたら、アナタの撮った写真が、元気がない世界の誰かを元気にしているかも?

世界の顔も知らない誰かと写真を交換する、写真交換アプリ『Rando』※無料
◆App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/rando/id588683021