【図1】もっとも売上高が近い銘柄には★印がついている。ここではKDDIとソフトバンクに★印がある。

写真拡大

 銘柄を選ぶ際によくあるのが「携帯電話関連銘柄を買いたいが、どの銘柄が有望か」「ある会社がいいと聞いたけど、同業他社でもっといい銘柄があるのでは?」と迷うことだ。

 今回はそんな時に役立つ、同業他社の中から有望銘柄を探し出すネット証券の6つの情報ツールを紹介しよう。中には業種の中で銘柄を比較して点数やランキングが見られるツール、今期、来期、その先までを見越して、有望な銘柄を見つけるツールなどもある。

 なお、今回ご紹介するツールは、すべて該当する証券会社に口座を開設していれば無料で利用できる。

<ワザ1> 売上高が近い似たもの銘柄

 まずは簡単な方法から。SBI証券では銘柄情報欄(ログイン後)ですでに同業他社銘柄が表示されている。「株価」の画面を見ると、同業種の銘柄が掲載されており、さらに、売上げが近い銘柄は★印がついている。【図1】はNTTドコモ(9437)を検索した画面だ。

<ワザ2> 400種のオリジナル業種で絞り込み

 同業他社と言っても東証33業種で比較する場合、銘柄数が多すぎるかもしれない。松井証券やマネックス証券で利用できる「チャートフォリオ」は、400以上の「オリジナル業種」に分類されている。

 たとえば、携帯電話キャリア銘柄だけを探したい場合、情報・通信業だと約340銘柄ある。一方、「オリジナル業種」の「電話・通信」なら6銘柄に絞り込まれている。各銘柄のチャートが一覧表示されており、値動きが比較可能だ【図2】。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)