普段はおしとやかなテレビ北海道の千葉アナウンサーも表情が一変! (c)TVh「けいざいナビ北海道」

写真拡大

 然別湖(しかりべつこ)と聞いて、どこにあるか分かった人は相当な北海道ツウだ。札幌在住歴4年目の著者も然別湖はほとんど聞いたことがなかったし、もちろんどこにあるかもまったく知らなかった。観光地としての知名度もほぼゼロに近い。

 そんな然別湖だが、何と自然体験プログラムで1日平均100名もの集客があるという。テレビ北海道の「けいざいナビ北海道」では、その自然体験プログラムを提供する然別湖ネイチャーセンターを取材した。何もない場所に観光客を集めるその手腕は、他の地域にもきっと参考になるはずだ。

ムササビになって空を飛ぶ!

 空を飛びたい、これは人間誰しもが思うことだが、実際に飛ぶ機会はほとんどない。飛行機に乗っても風を体に感じることはなく飛んでいる実感はないし、パラグライダーなどは一般人にとっては非常に縁遠い。それが、この然別湖ネイチャーセンターでは木と木の間をワイヤーでつないで、ムササビ状態になって飛ぶことができる。

 テレビ北海道の千葉アナウンサーが体験してきたのだが、普段はおしとやかな千葉アナのこの表情を見れば、その楽しさは一目瞭然。スピードも速い。北海道は様々なアウトドア系のレジャーが提供されている場所だが、こうやって空を飛べるのは非常に珍しい。木と木の間をぬって森の中を飛んでいくので、臨場感は抜群だ。豊かな自然が飛行をよりダイナミックにしてくれる。都会では同じ体験はできない。自然をうまく生かした好事例だろう。

 次は、川に行ってみる。何かハコのようなものを顔につけて川を覗き込んでいる。何をしているかと言えば、魚ウォッチングだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)