ブルガリ銀座タワー蛇のイルミネーション 今年も点灯

写真拡大

 「ブルガリ銀座タワー」に巻きつく蛇を模したイルミネーションが、11月1日からスタートした。ブランドのアイコン「セルペンティ」を大胆に配したイルミネーションは昨年、国内のディスプレイコンテストで2つの賞を受賞している。

ブルガリ銀座タワーの大蛇イルミの画像を拡大

 イタリア語で「蛇」の意味をもつ「セルペンティ」は、ジュエリーやレザーアイテム、アイウェアなどのモチーフとして使用されている「BVLGARI」のアイコン。巨大な「セルペンティ」がタワーを囲むように輝くイルミネーションは、銀座タワー店が昨年迎えたオープン5周年を記念して世界に先駆けて発表され、ブランド史上最大の店舗装飾としてその後、ニューヨークやローマ、ミラノの店舗でも展開された。国内では、日本空間デザイン協会専門家による全銀座を対象としたディスプレイコンテストで「日本空間デザイン協会賞(DSA賞)」と「銀座通連合会部門優秀賞」を受賞。今年は1月中旬までの実施が予定されている。