『SPEC』への熱い思いを語った戸田恵梨香

写真拡大

戸田恵梨香×加瀬亮主演「SPEC」シリーズの完結編の前編『劇場版SPEC〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇』の初日舞台挨拶が、11月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。戸田、加瀬、竜雷太、向井理、大島優子、堤幸彦監督が登壇した。戸田は「すごい作品ができたと思います。また、『爻(コウ)ノ篇』もびっくりする美しい終わり方をしているので、その辺を見てほしいです」と感慨深い表情で挨拶。

【写真を見る】戸田恵梨香と大島優子のファッションをチェック

ゲスト陣は、「SPEC」に対する思いを漢字1文字にして披露することに。まずは大島が「謎」という文字を披露。「ネタばれになるから取材で何も話せなくて。『爻ノ篇』でも謎が続きます」と意味深発言をすると、向井は「白」を披露。「真っ白な気持ちで見て欲しい。余白を書き足してもらえれば、オリジナルの『SPEC』になるなあと」と提案。「SPEC」の前の「ケイゾク」シリーズから参加していた竜は「完」だった。演じた野々村光太郎のあだ名が、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」の役柄の「ゴリ」だったということで、その役を終えるという意味を込め「完全。ある一つの区切りを堤監督や植田さん(プロデューサー)につけてもらった」と穏やかに言葉をかみしめた。

加瀬は「半」を示し「寂しさ半分、晴れやかな気持ち半分。初日を迎えたけど、まだ『爻ノ篇』が残っている」とコメント。戸田は「終」と提示。「シリーズが終わり、私の役者人生の第1ステージも終わったなと。ずっと迷い続けてやってきて、当麻(役柄)と出会ったことで、一つ何かを見つけることができました。ここから第2ステージに向かう日々です」と真摯な眼差しで語った。堤も「完」だったが、その下に「納」とあり、「ちゃんと(後編を)作って納品したい」とつぶやいて会場を笑わせた。

また、戸田は最後に「3年間、当麻をやってきて、やり切れたという達成感があります。スタッフ、キャストの愛情も深いし、それがみなさんに届けばと」と、充実感あふれる表情で締めくくった。警視庁公安部の特殊捜査官の当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)が、予知能力や念動力などの“SPEC”と呼ばれる特殊能力を持つ犯罪者に立ち向かう「SPEC」シリーズ。映画完結編の後編『劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇』は11月29日(金)に公開となる。【取材・文/山崎伸子】