熾烈なシード権争いの真っ只中の渡邉、少しでも上位に食い込みたい(撮影:ALBA)

写真拡大

<森永製菓ウイダーレディス 初日◇1日◇森永高滝カントリー倶楽部(6,652ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」が千葉県の森永高滝カントリー倶楽部を舞台に開幕。先々週の「富士通レディス」で2位に入り、シード権確保に前進した飛ばし屋の渡邉彩香が初日、4バーディ・ノーボギーでラウンド。首位と2打差の4位タイにつけた。
G-VOICEで徹底討論!今年の賞金王・女王は誰の手に?
 渡邉は先週は予選落ち。「シード権が見えて早く決めたいという気持ちがあったので…」、ショットの調子が悪かったのに加え、気が急いてしまい自分のプレーができなかった。しかし、今週は「こっちに来て練習したらショットが良くなりました」と復調。パターは富士通から好調だったこともあり、チャンスをしっかり決めて好スタートを決めた。
 コースは6,652ヤードと距離があるが、「ドライバーの調子がすごく良くて、最近の中では飛んでると思います」と260ヤードは飛ばせる渡邉には苦にならない。フェアウェイも広いので「気持ちよく振れています」と自身の持ち味を最大限に発揮した。
 現在、渡邉の賞金ランクは53位。50位の選手との差は約240万円、この大会で上位に入り1円でも多く稼ぎたいところだが、「今週入れて3試合あるし、のんびり行こうと思います」。先週と同じ過ちをしないよう、とりあえずシードのことは頭の片隅へ追いやっておく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、心境に変化!追い上げられるのも「貴重な経験」
ホステス大会に臨む宮里美香「求められているものは高い」
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング