写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「アクアリウムフェア2013in赤坂サカス実行委員会」は2日〜 4日、東京都・TBS前赤坂サカス(サカス広場&赤坂ギャラリー)にて、「アクアリウムフェア2013in赤坂サカス(Aquarium Fair 2013 in Akasaka Sacas)」を開催する。

○観賞魚飼育の大切さや、癒し効果を提案

同イベントは、「観賞魚を楽しむはじめの一歩」をテーマに、実際の生き物に直接触れたり、感じさせたりする場を提供するもの。

同イベントでは、これまでにない"観賞魚の展示"や"金魚すくい"、"ザリガニ釣り"、"高級メダカすくい"などを実施することで、子供たちをはじめ、多くの人たちに観賞魚飼育の大切さや、近年、心理学・生理学実験で判明した観賞魚の癒やし効果を提案するという。

会期中は、世界初公開の緑色の金魚や、体長45cmオーバーの巨大金魚を観賞できる「平和のシンボル金魚水族館」、遺伝子操作など行わず、日本人ブリーダーが長い年月をかけて交配させ固定化した珍しい改良メダカを展示する「衝撃! 改良メダカ大集合」、トップアクアリストが水槽に表現するレイアウト技術を競う「アクアスペースコンテスト2013」、"流氷の天使"「クリオネ展」など、多彩なイベントを開催する。

また、会場には観賞魚メーカーや専門ショップが集結し、観賞魚の飼い方や環境問題について考える場を用意。自然や環境へ興味を持ってもらうと同時に、生き物を飼うすばらしさを実感できる場となる。

開催日時は、11月2日・3日(10時〜19時)・4日(10時〜18時)。会場は、TBS赤坂サカス サカス広場&赤坂ギャラリー(東京都港区赤坂5-3)。その他、詳細は同イベントWebサイトを参照のこと。

(エボル)