「貯蓄から投資へ」の流れが、加速し始めている。アベノミクスにより、日本のデフレからの脱却が鮮明になれば、投資で資産を増やさなければ、これまでの生活は維持できない。来年4月には、消費税率のアップが控えている。投資家として、これからとるべきスタンスは?

来年4月から消費税率が現行の5%から8%にアップすることが決定した。政府は、回復途上の日本経済を失速させないために、5兆円規模の新たな経済対策を実施する予定だ。一方、米国では債務上限の引き上げ問題に加えて、量的金融緩和の縮小が近づいており、再び世界的なリスクオフ突入への懸念も台頭しているようだ。

昨年12月からのアベノミクス相場では日本株高と円安が進行したが、一説には儲かったのは外国人投資家ばかりで、特に日本の個人投資家は思ったほど、資産を増やせていないともいわれている。

足元では、2020年の夏季オリンピックが東京に決定し、株式市場では関連銘柄が急騰しているほか、これに絡んで都心を中心とした不動産価格の上昇を予想する専門家が増えている。

果たして、2014年の金融マーケットはどのように反応するのか。日本を代表する金融マーケットの専門家に話を聞いた。2013年も残すところあと1カ月余り、そろそろ来年の投資戦略を練っておきたい時期である。

この記事は「WEBネットマネー2013年12月号」に掲載されたものです。