写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォートラベルはこのほど、同社が運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル」にてひとり旅に関する調査を実施。調査は8月21日〜8月28日にフォートラベルサイト内にてフォートラベル会員を対象に行い、有効回答数は875件だった。

○「行って良かったエリア」はアジア

まず、海外のひとり旅経験について聞くと、「経験がある」人は53.4%、「経験がない」人は46.6%だった。男女別に見ると、海外ひとり旅の経験がある男性は60.1%、女性は48.6%となっている。年代別において、海外ひとり旅経験者の割合が最も多かったのは、男性では「20代」(66.7%)、女性では「30代」(55.0%)となっている。

海外ひとり旅の経験者に「行ってよかったエリア」を尋ねると、1位は「アジア」(41.8%)、続いて「ヨーロッパ」(35.3%)、「北米」(11.9%)という結果が出た。国別では、「台湾」「タイ」「フランス」の順で人気が高かった。

理由を聞くと、台湾は「治安が良く、女性ひとりでも安心できる」、タイは「人がおおらかで親切」、フランスは「ひとりでの観光やショッピングがしやすく、楽しめた」などの声が寄せられた。

また、未経験者に「行ってみたいエリア」を尋ねると、「ヨーロッパ」(46.1%)、「アジア」(24.8%)、「北米」(13.5%)という結果が出た。国別では、「フランス」「イタリア」「ハワイ」の順になっている。理由には、フランスは「以前行ったときに、ひとりでも比較的安全に回れると思った」、イタリアは「世界遺産巡りをしたい」、ハワイは「言葉の不安があまりなさそう」などが挙げられている。

一方で、「ひとり旅をしてみたいが不安な気持ちが大きい」などの声も寄せられた。

○国内ひとり旅経験者は58.4%

国内ひとり旅について聞くと、「経験がある」人は58.4%、「経験がない」人は41.6%だった。男性の69.1%、女性の50.8%が「経験がある」と回答している。年代別に見ると、男性は30〜50代の各世代で約7割の人が経験しており、女性は60代以上の経験者数が最も多く、63.6%だった。

「行って良かった」都道府県は、「北海道」「沖縄県」「京都府」の順になっており、未経験者に尋ねた「行ってみたい都道府県」と同じ県で同じ順位になっている。

調査の詳細は、同社Webサイトで確認できる。