西武渋谷店が新ライフスタイル型売り場を来春開設 nendo佐藤オオキと協業

写真拡大

 西武渋谷店が来春、プロダクトデザイナー佐藤オオキが代表を務めるデザインオフィスnendo(ネンド)と協業したライフスタイル型ブランド「by | n(バイエヌ)」の売り場を開設する。佐藤オオキが全ての商品のデザインディレクションを担当し、百貨店の商品カテゴリーの枠を超えたファッションアイテムなどを取り扱うという。佐藤が衣料をデザインするのは今回が初で、まずはシャツの販売が予定されている。

西武渋谷店が新ライフスタイル型売り場を来春開設の画像を拡大

 2009年に全領域横断型のプライベートブランド(PB)を立ち上げたそごう・西武は、「LIMITED EDITION(リミテッドエディション)」をはじめとする様々な著名クリエイターと組んだ自主開発のブランドや編集売り場を拡大している。「日常をちょっと贅沢に」をテーマに掲げる2013-14年秋冬シーズンからはnendoとコラボレーションした商品開発もスタートし、伝統技術を活かした生活用品ブランド「by | n meister(バイエヌ マイスター)」とファッションアイテムにも領域を広げた「by | n」の2シリーズを発表した。「by | n」では今月からタオルの先行販売をスタートしたが、来年以降は眼鏡やステーショナリー、カトラリーなどを順次投入しながら、春には衣料や雑貨を含めた全アイテムを揃えた新しい売り場を開設予定。現在、インテリアや生活雑貨、婦人雑貨、婦人服、紳士服、食品などの分野で15社と約500アイテムの開発に取り組んでいるといい、今後は西武渋谷店をはじめ池袋店など基幹店を中心に随時展開していく計画だ。

 2002年に設立された「nendo」は、「小さな『!』を人に感じてもらうこと」をコンセプトに建築やインテリア、グラフィックなど幅広い作品をデザイン。佐藤オオキは2006年にNewsweek誌の「世界が尊敬する日本人100」に選ばれ注目を浴び、2012年にはElle Deco誌のデザイナー・オブ・イヤーを受賞し世界的に活躍している。日本ではコクヨファニチャーや大塚家具、カーキャリアブランドの「Terzo(テルッツォ)」といった様々な業種とコラボレーションしプロダクトを発表。また、今月オープンした西武渋谷店のインポート編集売場「COMPOLUX(コンポラックス)」の空間デザインも手がけた。

■西武渋谷店
 https://www2.seibu.jp/shibuya/‎