写真提供:マイナビニュース

写真拡大

埼玉県秩父市で、秩父神社の例祭「秩父夜祭」が開催される。開催期間は12月2日〜3日まで。祭りのクライマックスは、3日の夜。

○絢爛豪華な屋台・笠鉾が登場

300年もの歴史がある同祭りは、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられている。祭礼当日は、2台の笠鉾と4台の屋台を曳行。屋台は宮地・上町・中町・本町の4基、笠鉾は中近と下郷の2基で、彫刻や屋根もそれぞれ特徴があるという。

また、歌舞伎や長唄を演奏し、それに合わせて踊る曳き踊りも披露されるほか、クライマックスには、最大20tもある屋台・笠鉾を引き上げる。さらに、芝桜で有名な羊山からは、連続花火や尺玉、大スターマインなどが打ち上げられるとのこと。

なお、同祭りは、秩父神社のご祭神である妙見様(女神)と、武甲山に鎮まる龍神様(男神様)との年に一度の逢瀬の祭りとして伝えられている。

(OFFICE-SANGA)