台風26号の影響で表面が傷ついたリンゴ(長野県下伊那郡松川町)

写真拡大

オイシックス(東京都品川区)は2013年10月24日から、台風26号の影響を受けたりんごを「台風りんご」として、正規品から3割程度価格を抑えて販売している。同社のホームページで予約を受け付け、11月下旬以降、順次、収穫したものから発送する。

取り扱いは「おいしく食べられる状態」のもの

10月15日から16日にかけて日本に上陸した台風26号の影響を受け、傷付くなどした長野県産のりんごを販売。りんごは、「ましましりんご(品種=ふじ)」という名で毎年販売されている人気商品の1つで、台風りんごは傷ついたり形が悪くなったりしているが、木から落ちることなく、おいしく食べられる状態のものが対象。

標高700メートルの山奥で作られる「ましましりんご」では、その寒暖差のある環境による、シャキシャキとした食感と、高いときには16 度を超える糖度と蜜がつまった味わいが楽しめる。

定期会員「おいしっくすくらぶ」向けは1キロ950円、非会員向けは3キロ2480円で提供する。