妻が夫の親友と不倫しているという設定に注目が集まってしまったダニエルとレイチェル夫妻/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズ夫妻は、10月1日からプレビュー公演され、27日から本公演が開始されたブロードウェイの舞台「Betrayal」に立っているが、チケットの入手が困難な状況になっており、最高で2500ドル(約24万4千円)のチケットがダフ屋に出回っているらしい。

【写真を見る】『ドリームハウス』での共演を機に交際がスタートした美男美女カップル/写真:SPLASH/アフロ

『卒業』(67)でアカデミー賞監督賞を受賞したマイク・ニコルズ監督が監修を務める、ハロルド・ピンターの戯曲をベースにした舞台「Betrayal」で、ダニエルとレイチェルは夫婦役を演じているが、レイチェルが演じるエマは、ダニエル演じる夫ロバートの親友ジェリーと不倫しているという設定。おしどり夫婦のダニエルとレイチェルの不倫現場をひと目見ようと、発売当初の9月からチケットが完売状態になっており、それに付け込んだダフ屋が2500ドルでチケットを売っているらしい。

「27日の本公演初日には、最前列にスティーヴン・スピルバーグ監督夫妻、米ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンターや、ロックン・ローラーのブルース・スプリングスティーンなどの姿もありました。通常チケット代は150ドル、プレミアチケットで423ドルですが、既にチケットの入手が困難になっています。高いお金を支払ってでもふたりの姿を見たい観客が多く、一番高いチケットだと、2500ドルで闇市場に出回っているようです」と、関係者がデイリー・メール紙に語っている。

多忙なふたりとあって、最終公演日は2014年1月5日から延期されることは考えにくいことから、今後は更なるプレミアチケットが出回る可能性もありそうだ。【NY在住/JUNKO】