北川景子と深田恭子が初共演

写真拡大

北川景子×深田恭子の2大女優を迎えたホラー映画『ルームメイト』(11月9日公開)の完成披露会見が、10月30日に新宿バルト9で開催。北川、深田、高良健吾、古澤健監督が登壇。初共演となった北川と深田はドレッシーなワンピースで登壇した。

【写真を見る】北川景子と深田恭子がキス!

映画にちなみ、互いの恐ろしい一面について尋ねられると、北川は「ないです。こんなにきれいで、外見も中身も完璧で、逆にそれが恐ろしいのではないかなと思ったりして。本当に安定しています」と深田をベタ褒め。深田は「本当に真っ直ぐなところ。監督とかに『これはどういうことですか?』と向かっていく。でも、サバサバしているイメージがあったけど、メールとかがとても可愛い」と笑顔でコメント。高良は2人について「ないです。きれいです。怖さは映画の中に映っているので」と作品をアピール。

劇中では女同士のキスシーンにもトライした2人。北川は「初めてでしたが、役として夢中でした。撮影が始まる前は、あの深田恭子ちゃんとキスできるってことで胸が高まりました。すごく柔らかかったです」と笑顔で語ると、深田も「キスをして、ビンタをするという流れでしたが、スタッフの方が緊張していました。私もドキドキしながらやりましたが。柔らかかった」とコメント。

『ルームメイト』は、心を許しルームメイトとなった友人が、やがて恐怖の対象に変わっていくというサスペンス。北川と深田が魅せる、凍りつくような恐ろしい表情に注目したい。【取材・文/山崎伸子】